注目キーワード

林業者の取り組み

〈インタビュー〉林業の魅力を現場から届けたい! 「カッコイイ林業」を目指す若者たち

間もなく創業2年を迎える林業会社「株式会社山武師」が、4人目のメンバーを募集中だ。同社が目指すのは「カッコイイ林業」。そこで、求める人材像や今後の事業展開について、代表の森谷隼斗さんにお話を伺った。

「カッコイイ林業」の実現を
めざす若者たち

都内の林業会社で経験を積んだ森谷隼斗さんが、2018年に立ち上げた株式会社山武師。メンバー3人の平均年齢は29歳というフレッシュな事業体だ。現在は地拵、植栽、下刈、枝打、切捨間伐などの育林作業全般を請け負うほか、風雪害木の処理や高所伐採などの特殊伐採も手がけている。
 
「今後は、搬出間伐にもチャレンジしたいですね。やはり素材生産が林業の醍醐味ですから。自社林の所有なども含めて、自分たちに合ったやり方を模索しています」と森谷さんは意気込みを語る。
 
山武師にはもうひとつ目標がある。「カッコイイ林業」の実現だ。「林業を、子どもたちが憧れるような、カッコイイ仕事にしたいんです。そのために林業の魅力を、現場から届けたいと考えています」と森谷さん。実際の作業風景を簡単な解説付きでInstagramに投稿するなど、SNSを活用した情報発信に積極的に取り組んでいる。



東京でもあり、
ローカルでもあるという魅力

そんな山武師が、現在4人目のメンバーを募集している。未経験者でも応募は可能だ。
 
「ぼく自身、未経験から育てていただいた恩返しがしたいんです。林業の仕事は決して楽ではないですが、焦らずに2年、3年とコツコツ続けていけば、誰でもきっとものになるはずです」。
 

 
居住地に制限はないが、あきる野市の事務所まで、車で通勤できることが好ましいという。「地域の方々との交流が苦にならないタイプだと、もっと嬉しいですね」と森谷さん。自らがお神輿の担ぎ手も務める森谷さんのもと、昨年はメンバー全員で地域のお祭りに参加したそうだ。ローカルなコミュニティに魅力を感じる人にとっては、またとない職場だろう。
 
その一方、山武師の事務所から都心までは電車でわずか数十分。「平日は森のなかではたらき、休日は都心で趣味を楽しむ。ぼく自身、そうしたライフスタイルを心から楽しんでいます」。東京の森ではたらく。そんな生き方に興味のある人にとって、注目の求人になりそうだ。
 

 

DATA

株式会社山武師


取材・文:松田敦

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 森林は温暖化を防止するための道具ではない 大増伐へと歩み出しかねない現状に警鐘...
  3. こだわりぬいた「使いやすさ」でスマート林業を支える! 進化を遂げた最新ICTシステム3選...
  4. 高利益率を誇る注目の木材は「薪」!? 新たなビジネスモデルも誕生
  5. 【冬支度のいろは】現役林業家から学ぶ! 冬支度で用意すべきアイテム10選...
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年冬号 12/21発行!
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  10. 木のイメージを180度チェンジする! 国産材の新たな可能性を追求するクリエイティブ・アワードが開催...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2020/12/21発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら