注目キーワード

林業者の取り組み

原料は木材パルプと水のみ! フィンランドで開発された世界初の繊維技術とは

持続可能な森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。北欧フィンランドでは、木材パルプと水のみを使用するサステナブルな繊維技術が誕生した。

原料は木材パルプと水のみ
サステナブルな繊維が誕生

フィンランドで2015年に創設された「スピンノヴァ」は、蜘蛛の巣から着想を得て、独自の紡績技術によって、化学溶剤を使用せず、木材パルプと水のみで繊維を生成する技術を世界で初めて開発した。
 
繊維の生成に必要な水量は綿花生産における消費水量のわずか1%で、一連のプロセスで廃棄物が発生することもない。使用済みの繊維を再生・再利用できるのも特徴だ。スピンノヴァは、フィンランドのテキスタイルブランド「マリメッコ」やノルウェーのアウトドアブランド「ベルガンス」など、持続可能性を重視するアパレル企業と提携。現在、この繊維の量産化に向けて、フィンランド中部ユヴァスキュラの工場で試作検証をすすめている。


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載



関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る
  6. 〈受付中!〉林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は9/16まで!
  7. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら