注目キーワード

林業者の取り組み

原料は木材パルプと水のみ! フィンランドで開発された世界初の繊維技術とは

持続可能な森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。北欧フィンランドでは、木材パルプと水のみを使用するサステナブルな繊維技術が誕生した。

原料は木材パルプと水のみ
サステナブルな繊維が誕生

フィンランドで2015年に創設された「スピンノヴァ」は、蜘蛛の巣から着想を得て、独自の紡績技術によって、化学溶剤を使用せず、木材パルプと水のみで繊維を生成する技術を世界で初めて開発した。
 
繊維の生成に必要な水量は綿花生産における消費水量のわずか1%で、一連のプロセスで廃棄物が発生することもない。使用済みの繊維を再生・再利用できるのも特徴だ。スピンノヴァは、フィンランドのテキスタイルブランド「マリメッコ」やノルウェーのアウトドアブランド「ベルガンス」など、持続可能性を重視するアパレル企業と提携。現在、この繊維の量産化に向けて、フィンランド中部ユヴァスキュラの工場で試作検証をすすめている。


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載



関連記事

アクセスランキング

  1. 【キャンプ場×林業】年間20万人が訪れるキャンプ場に聞く! 兼業が生み出す相乗効果
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  5. 広葉樹林は林業界の新たなトレンドとなるか? 試行錯誤の続く国産広葉樹商品
  6. 【兼業×林業】自伐林業・柑橘栽培・樹上伐採、3足の草鞋を履く兼業林家のリアル
  7. 伐根・下刈・苗運搬・残材集材を1台で! 造林作業の革命児「山もっとジョージ」に迫る
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  10. 人力カウントからICT検知へ! 計測精度アップと計測時間短縮を実現したアプリとは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら