注目キーワード

イノベーション

ドローンで上空から種をまく!? 森を育てる新たな植林ソリューションとは?

樹種や土壌などから樹木が生育しやすい場所を特定し、ドローンで植林! 今までよりも速く、効率的で、コストを軽減できるのが大きなメリットだ。

ドローンを使った植林方法
その方法が画期的すぎる!

米シアトルを拠点とする「ドローン・シード」はドローン(無人航空機)を活用した植林ソリューションだ。


DroneSeed

ドローンに搭載したカメラで上空から植林用地を撮影し、画像データと地理情報を集約した三次元マップを作成。樹種や土壌などから樹木が生育しやすい場所をセンチメートル単位で精緻に特定したうえで、ドローンが自律飛行し、種子に肥料、病害虫防除剤を混ぜた特殊カプセルを上空からまく仕組みだ。

1回あたりの飛行で最大57ポンド(約25.8キログラム)のカプセルをまくことができる。温室で種から苗木を育て、森林に移植する従来の手法に比べて、より速く、効率的で、コストを軽減できるのが利点だ。

2016年の創設以来、政府機関や自然環境保護団体、製材メーカーらと幅広く提携し、森林火災で失われた森林の再生にも取り組んでいる。

DATA

DroneSeed


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. 森林資源に応じたバイオマス利用へ! “地域”から生まれる熱を使った新事業とは
  5. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  6. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  7. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!
  9. 体系的に伐倒を学べるテキストづくりを! 死亡事故削減を目指したプロジェクトが開始
  10. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら