注目キーワード

機械・ツール

地域課題解決&稼げる林業実現へ! 無人ヘリを使用した森林計測の“新スタンダード”

農業分野などで豊富な実績を誇るヤマハ発動機が、産業用無人ヘリコプターを活用した森林計測サービスをスタート。森林の見える化によって一体どんなメリットがあるのだろうか。今回は、自治体・事業体にとっての魅力をそれぞれ紹介する。

自治体向け

地域の森林管理の
基盤情報をお届け!

2019年に施行された森林経営管理法は、放置された私有林を市町村が管理経営することを義務化した。ところが、管理のベースとなる基盤情報が整備されていない市町村も少なくない。

ヤマハ発動機の森林計測サービスはそうした地域課題の解決に最適なソリューションだ。森林経営に適した森林か否かを判断したり、所有者への意向確認の際に欠かせない高度な森林情報の収集を、効率的にサポートする。
 

森林組合向け

森林の見える化で
稼げる林業を実現!

森林の見える化は、施業の効率化に直結している。例えば、森林計測サービスによって得られるデータを活用すれば、現地確認にかかる労務コストの圧縮が可能だ。立体的な地形情報も把握できるため、林道や作業道の設計も容易に。

さらに胸高直径、樹高、位置などの単木情報を川中・川下と共有すれば、林業サプライチェーンの構築に向けても大きな前進となるだろう。稼げる林業の実現に欠かせないソリューションとなるはずだ。

森林の見える化によるメリット

①林業をもっとスマートに
毎木調査データをICTで共有。高精度森林基盤情報として施業計画の作成や進捗管理を効率化する。

②SCM構築の第一歩
単木レベルでの森林資源情報を川下・川中と共有することで、需給マッチングが可能に。

③労務コストを削減
森林の見える化によって、境界画定がスムーズに。所有者との合意形成も容易になる。

④路網整備&防災に
精密CS立体図が詳細に地表面を再現。路網設計や治山方針の策定をサポート。



オンライン展示会
『FOREST EXPO ONLINE』出展中!

ヤマハ発動機の森林計測サービスについて、さらに詳しく知りたい方は下記ボタンをチェック!

問い合わせ

ヤマハ発動機
TEL:0538-32-9646


文:福地敦

FOREST JOURNAL vol.7(2021年春号)より転載

Sponsored by ヤマハ発動機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. 広がる苗づくりに潜む課題 樹種・需要を検討して満足度の高い森づくりを...
  4. 高齢化進む造林事業を“ビジネス”に! 苗づくりや植え方を吟味して取り組もう...
  5. 効率化が図れる下刈り機4選! メーカーこだわりの性能をチェックして
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.07|¥0
2021/3/16発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら