注目キーワード

機械・ツール

「旋回+チルト」で作業効率の改善へ! KANEKO重機の注目ラインナップがアツい

KANEKO重機の取り扱うチルトローテーター「ROTOTILT」はバケット使用時も360度旋回でき、左右に40度ずつ傾けることもできる。また、草刈りアタッチメント「SLANETRAC」との組み合わせにより、作業効率を飛躍的に高められる優れものだ。

「旋回+チルト」で
ヨーロッパ標準の作業を可能に

山林・土木作業の効率を飛躍的に高める機械のラインナップが充実してきた。スウェーデン・ロトチルト社のチルトローテーターは、バケットやハサミなどのアタッチメントヘッドを360度旋回させることができ、さらに左右に40度ずつ傾ける(チルト)こともできる。3次元の複雑な動きを手元のレバーで自在にコントロールすることにより、作業効率が飛躍的に高まる。

同機種を取り扱うKANEKO重機(群馬県)の金子社長によると、チルトローテーターを装着した1台のベースマシーンでさまざまなヘッドを作業に応じて使い分けるケースが多く、この方式により「人手不足に対応している」という。


チルトローテーター「ROTOTILT」と草刈りアタッチメント「SLANETRAC」を組み合わせることで、今までとは比較にならないほどの作業効率を実現する。

チルトの動きが加わると、従前の機械では文字通り手の届かなかった領域でヘッドを作動できる。ベースマシーンの向きを変えずにヘッドだけを作業ポイントに合わせた角度で動かすことができるので、作業時間を短縮でき、燃費も向上する。不整地で無理なポジショニングをする必要もなくなり、安全性も高まる

林業現場なら路網の開設やメンテナンスに威力を発揮するほか、やはり同社が扱っているSLANETRAC社(アイルランド)の草刈り用ヘッドを付ければ、草刈りや地拵えにも活用できる。地表面を這わせるようなデリケートな動作で強力な切断・粉砕能力を発揮でき、仕上がりの良い作業を効率的に行える。ヘッドの着脱は操縦席から数秒で可能。
 


撮影に協力してくれた根本メンテナンス株式会社 代表取締役 根本喜弘さんは「作業効率を改善したいと考えている人にはぜひおすすめしたい」と話してくれた。

 

 

草刈りアタッチメント
SLANETRAC


 

HS55


炭素鋼550mmブレードにより直径150mmまで切断可能。本体価格は150万円(税別)。
 

HC150


幅1.5m、最大切断能力40mmのヘッジトリマー。本体価格は150万円(税別)から。
 

FH80


刈り幅800mmの草刈りアタッチメント。強力な回転刃が枝条も粉砕し、地拵えにも威力を発揮する。本体価格は150万円(税別)。


 

チルトローテーター
「ROTOTILT」


チルトローテーターの型式はベースマシーンのタイプに合わせて選択。本体重量1.5~3.5tに対応する「R1」は軽量(75kg)で扱いやすく、高い耐久性も備わる。本体価格は290万円から(税別、各種オプションあり)。
 

操縦席から降りずにワンタッチで着脱可能。
 

 

担当者VOICE

KANEKO重機株式会社 取締役
金子さん


私たちKANEKO重機は現地に足を運んで自分の目で確かめ「これは良い」と思った選りすぐりの機械を扱っています。お気軽にお問い合わせ下さい。
 

問い合わせ

KANEKO重機株式会社 
TEL:0274-67-7832


FOREST JOURNAL vol.5(2020年秋号)より転載

Sponsored by KANEKO重機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  6. 山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ...
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 急傾斜地現場のあらゆる悩みに応えたい─ こだわり抜かれた“林内作業車”が登場...
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年夏号 発行!
  10. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.08|¥0
2021年6月発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら