注目キーワード

機械・ツール

【下刈り作業機3選】パワフルなマシンの活用で、下刈り作業の効率化へ!

造林作業の省力化、ショベル用途の多様化ができる! 人力の何倍もスピーディーなパワフルマシンを活用して、作業の効率化を実現しよう。

多目的造林機械
株式会社筑水キャニコム


山もっとジョージ
●機械寸法:長3555×幅1605×高2255mm
●刈幅:1200mm(伐根粉砕アタッチメント)
●重量:2445kg
●登坂能力:35°

担当者VOICE

山をもっと美しく! 造林にまつわる作業を多用にこなす造林機械。地拵え~伐根~残材処理・集材~下刈~除伐~苗・資材運搬など、まだまだ人力の多い造林作業を安全に省力化します。造林作業の中で最も負荷の高い、下刈には多大な効果を発揮し、林地さえ整えれば、人力の約4~8倍の作業が可能です。

 

アタッチメント
ウエダ産業株式会社


スーパーブラッシュチョッパー(写真左)
●用途:森林伐採、根株処理、倒木処理等
●0.25~0.7クラス適合

ウッドグリップカッター(写真右)
●用途:立木切断、木材運搬
●0.15~0.7クラス適合

担当者VOICE

立木を先端部・中途部から強力に破砕するスーパーブラッシュチョッパーは、2種類の刃を使い分け、小石まじりの根株破砕も可能。森林伐採の他にも放牧場造成等、幅広い用途で活躍中です。また、ウッドグリップカッターは強力な切断力のノコギリ刃で木材を切断。ノコギリ刃を収納すれば、フォークに変化します。1台のショベルで2役をこなし、作業効率がアップします!



FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら