注目キーワード

機械・ツール

剪定やメンテナンスにおすすめ! 高所作業が快適になる「ツリーケア用品」3選

クライミングやレスキュー、高所作業用資器材などを製造するフランスのギアメーカー・PETZL(ぺツル)。今回は、ツリーケア用のおすすめアイテム3つをピックアップ!

ツリーケア用メカニカルプルージック『ジグザグ』


従来式のプルージックプーリーシステムを用いて、樹冠内で移動できるようになる『ジグザグ』。

シールドボールベアリングが内蔵された滑車によって、ロープのたるみが簡単にとれる仕組み。ダブルロープ技術だけでなく、『シケイン』との組み合わせでシングルロープ技術でも使用できるため、様々な用途で使用可能だ。

また、『ジグザグ』のロワーホールはスイベルを持たないため、器具を同じ向きに保つことができるのも特長のひとつ。

<製品概要>
ジグザグ
¥25,900+税
• 素材:アルミニウム、スチール、ナイロン
• 重量:365g
• 使用できるロープ:EN 1891タイプAに適合したセミスタティックロープ
• ロープの直径:11.5~13 mm
• 最大運用荷重:140kg
• 認証:CE

ツリーケア用メカニカルプルージック『ジグザグ プラス』

従来式のプルージックプーリーシステムに『ジグザグ プラス』を活用すれば、正確なフリクションリンクで樹冠内をスムーズに移動可能

『ジグザグ』の持つ全ての機能の他、『ジグザグ プラス』には高効率なスイベルが付いているため、メカニカルプルージックを常に正しい位置に維持でき、ロープを器具の中でスムーズに流すことができるのもポイントだ。

<製品概要>
ジグザグプラス
¥30,800+税

• 素材:アルミニウム、スチール、ナイロン
• 重量:425g
• 使用できるロープ:EN 1891タイプAに適合したセミスタティックロープ
• ロープの直径:11.5~13 mm
• 最大運用荷重:140kg
• 認証:CE

『ジグザグ』『ジグザグ プラス』をシングルロープ技術でも使用可能に


メカニカルプルージック『ジグザグ』『ジグザグプラス』をシングルロープ技術で使用可能にするのが、補助ブレーキの『シケイン』だ。

人間工学に基づいてデザインされたハンドルはグリップ性に優れおり、ロープ登高をサポートする。また、サイドプレートは開閉できるため、ロープに素早く簡単に取り付けられるのが嬉しい。

<製品概要>
シケイン
¥20,000+税

• 素材:アルミニウム、スチール、ナイロン
• 重量:255g
• 使用できるロープ:EN 1891 タイプAに適合したセミスタティックロープ
• ロープの直径:11.5~13mm
• 最大運用荷重:140kg
• 認証:CE

問い合わせ

アルテリア(PETZL総輸入販売元)

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら