注目キーワード

「森を育てる」の検索結果

スギ素材(丸太)生産量で32年連続で日本一になった宮崎県に、農林水産大臣賞と天皇杯を受賞した杉の育苗生産者がいる。産官学による新技術開発に協力して自社で活用している、林田樹苗農園だ。

【育苗業界の革命児が語る杉樹苗の最新事情】求められるタイミングにあわせた育苗を可能に

増加するシカによる被害を防ぐ資材として忌避剤や柵が用いられているが、その効果はシカ密度によって異なる。 どのくらいのシカの頭数に対し、どの防除方法があうだろう?

シカ密度をスマホで確認!? 先端技術と最新資材で効率的な獣害対策を行おう!

全国でシカによる森林被害が相次いでいるが、シカの生息数がなかなか減らない大きな要因は繁殖力の高さだ。そんな中、新たに確立され注目を集めている「小林式誘引捕獲法」の成果や課題とは?

初心者でも設置可能! 森林被害の軽減に向け進化する捕獲術の可能性とは?

全国で相次ぐシカによる森林被害。捕獲による個体数調整は、林業関係者にはハードルが高い。しかし新たに確立された捕獲法が、ワナ設置や見回りの手間を省力化できるとして注目されている。

シカによる森林被害を食い止めよ! 初心者でも簡単・高捕獲『小林式誘引捕獲法』とは?

地球温暖化を食い止めるためには、生き物にとっても重要な役割を持つ森林を保全し、その機能を維持させ続けることが不可欠。では、伐採をして木材を利用するのはやめた方がよいのだろうか?

地球温暖化から暮らしを守るために、木を使い、森を育てる【後編】再造林は逆効果なの?

地球温暖化は今なお進行している。地球温暖化からわたしたちの暮らしを守るため大切なのは、木を使い、そして森を育てること。改めて森林の役割を考えてみよう。

地球温暖化から暮らしを守るために、木を使い、森を育てる【前編】森林の役割とは?

山の獣害で悩んでいる林業関係者に朗報! 日本初ノンケミカルの苗木保護剤が2022年、ついに誕生した。シカの食害で苗木が全滅した栃木県佐野市で、新たにその苗木保護剤を導入、深刻な被害を乗り越えているという。

トウガラシが山を救う!? 高効果&低コスト&環境低負荷の獣害対策アイテムとは?

森林管理に資金調達の悩みは尽きない。話題の森林環境譲与税とカーボン・クレジットに続く、新たな可能性が進展中? 2022年末に決まったばかりの新決議とは。森林ジャーナリスト・田中淳夫が考える林業の未来。

要注目「生物多様性クレジット」の減税可能性とは? 悩みの種・資金調達の新手法となるか

植林・育林を専門に行う造林ベンチャーGREEN FORESTERS (東京・千代田区)が、管理が行き届かない不採算森林の買い取りサービスを今年から展開している。

「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?

植栽後、植えた苗木が大きく育つまでには、さまざまな労力がかかっている。そんな作業の効率化をはかりながら再造林を行うために最適な商品が登場した。

効果抜群! 《植物活性材》《獣害対策資材》で苗を大きく育てる! 再造林低コスト化にも

1 2 3 5

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら