注目キーワード

イノベーション

石油アスファルトを木質原料由来「バイオアスファルト」に! 環境負荷軽減に期待。

オランダではバイオアスファルトの研究開発が進められている。道路建設での環境負荷を軽減し、化石燃料への依存度を低減させるのが狙いだ。2021年には、世界で初めて試験的な導入もされた。

木質原料から抽出した物質を
バイオアスファルトの道路へ

オランダのユトレヒト大学、ワーヘニンゲン食品・生物研究所、バイオベンチャー企業アバンティウムらの産学共同プロジェクト「チャップリンXL」は、植物の木化に関与する高分子物質「リグニン」を用いたバイオアスファルトの研究開発をすすめている。

石油アスファルトをリグニンに置き換えることで、道路建設での環境負荷を軽減し、化石燃料への依存度を低減させるのが狙いだ。

2021年6月にはオランダ北部フローニンゲンでリグニンをベースとしたバイオアスファルトを世界で初めて試験的に導入。木質原料から抽出した約1000kgのリグニンを用いて250mの道路が舗装された。

今後、このバイオアスファルトの技術的・経済的実現可能性について検証していく方針だ。


ユトレヒト大学ホームページはこちら

©Circular Biobased Delta




文:松岡由希子

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/6/23まで!...
  6. 【2024年最新】データで見る林業の労働災害の現状
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  10. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら