機械・ツール

日本製チェンソーに、ほぼ100%標準装備されているソーチェーンはアメリカンブランドだった!ここでは、そんなアメリカ発の世界的ブランドOREGON(オレゴン)を紹介しよう。

ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える

かっこいいだけじゃない、現場で頼れる製品が登場!機能性に優れていることはもちろん、普段着でもいけちゃうデザインや、独特の風合いを醸し出す商品が発売されている。その中から3つをご紹介!

機能性はもちろん、デザイン性も抜群! 林業におすすめ製品3選

以前、コベルコ建機の新型7トン級油圧ショベルをベースにした林業専用機『SK75SR-7F』を紹介した。今回は、現場のニーズに応えた快適性が自慢のキャビンを詳述しよう。

過酷な林業現場の救世主! ニーズ応えたキャビンが誕生

茨城県常陸大宮市の美和木材協同組合は、機械化を積極的に進めて生産効率を高めるとともに、安全で働きやすい職場づくりにも力を入れる。最新機械を活用して作業を効率化し、労働環境を改善して「長く働ける職場」作りを目指す、組合の取り組みをクローズアップした。

年間素材生産量が2倍に! 作業効率を格段にアップさせた最新機械って?

スウェーデン生まれの運搬機械メーカー・HIABが発売したとある製品が、世界中で注目を集めている。そこで今回はHIAB製品を日本で販売するカーゴテック・ジャパンに話を聞いた。

VR技術を駆使した“HiVision”誕生物語。スマート機械が林業に若者を呼び込む?

スマート林業への動きが、どんどん広がっている。活用できるサービスやアイテムを取り入れると、見える化や効率化が実現可能だ。今回は、計測/解析系アイテムを6つ紹介する。

生産性・効率性がUP! 林業で活用したい「計測・解析系アイテム」6選

クライミングやレスキュー、高所作業用資器材などを製造するフランスのギアメーカー・PETZL(ぺツル)。今回は、ツリーケア用のおすすめアイテム3つをピックアップ!

剪定やメンテナンスにおすすめ! 高所作業が快適になる「ツリーケア用品」3選

第一次産業である林業が製材加工とドッキングすれば、末端市場が一気に近づく。大きな設備や工場が不要な簡易製材システムはとても魅力的だ。また、日本では珍しい横バンドソーの製材システムにも注目したい。

小規模林業が注目されている今、林業と製材加工が近づくためには?

日本でもこれからさらに加速していく、スマート林業への動き。現時点でどのようなサービスが登場しているのか、確認しておこう。今回は、日常業務を効率化する5つのツールをピックアップ!

今スグ導入できるアプリも! 日常業務を効率化する「スマート林業ツール」5選

3線式タワーヤーダー『ワンダーファルコン』による全木集材と、自走可能なチッパー『トラックハッカーMEGA』の組み合わせは、日本林業の現場を変える可能性を秘めていた。那須南森林組合の伐採現場にて行われた、那須南森林組合・株式会社トーセン・県北木材協同組合・緑産株式会社共催の林業機械見学会をレポートする(前編)。

日本市場向けタワーヤーダーの実力は? 最新式林業機械の見学会をレポート

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩
  2. 林家の経営意欲の向上が林業を成長させる!? 国が掲げるべき政策とは
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  5. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  6. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  9. 年間素材生産量が2倍に! 作業効率を格段にアップさせた最新機械って?
  10. “ウッドデザイン賞2019”が決定! 中高層木造ハイブリット建築が最優秀賞に!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら