注目キーワード

機械・ツール

《低燃費でも力強く》生産量はそのまま、燃料消費を“賢く”低減する次世代シリーズ!

「Next Generation」は、まさに次世代の燃料消費を実現した。現場の人々を応援する「LET’S DO THE WORK」を理念に掲げるキャタピラーから、油圧ショベルやアタッチメントが登場!

 

次世代油圧ショベル/
Next Generation 林業仕様

“燃料消費”は次のステージへ。

油圧システムを電気的に制御するEHコントロールは、きめ細かい制御で無駄な燃料消費を抑制するだけではなく、作業機スピード/応答性も調整が可能となり操作性も向上。

また本システム採用によりパイロットポンプが削除され、関連装備品も不要・削除された為、大幅なメンテナンスコスト低減も実現した。

新設エンジンモード「スマートモード」は作業負荷に応じて自動的にエンジン出力を制御し、軽負荷作業が継続するとエンジン出力を低減することで大幅な省燃費を達成する。


8tクラス
●商品名:308 CR
●運転質量:7,970kg
●バケット容量:0.28㎥
●定格出力(Net):53.3kW
●エンジン:Cat C3.3B


右:13tクラス
●商品名:313
●運転質量:12,700kg
●バケット容量:0.52㎥
●定格出力(Net):80.9kW
●エンジン:Cat C3.6

左:15tクラス
●商品名:315
●運転質量:13,300kg
●バケット容量:0.52㎥
●定格出力(Net):80.9kW
●エンジン:Cat C3.6



17tクラス
●商品名:317
●運転質量:17,800kg
●バケット容量:0.65㎥
●定格出力(Net):97kW
●エンジン:Cat C4.4

CHECK!

317には5分割電動ファンを標準装備。ファンを逆回転させることでラジエータに付着した粉塵除去が可能だ。オート/マニュアルでの作動が可能で、ラジエータ清掃作業を軽減させる。

 

新登場! ミニショベルも
Next Generationで!

●商品名:ミニ油圧ショベル/Cat 301.7 CR~305.5 CR
レバーステアリング、オートクルーズ、作業機速度調整など、超後方小旋回機 Cat 308 CRと同機能を搭載したミニショベルもラインアップ。

 

オススメ! Cat純正
粉砕アタッチメント《マルチャー》

林道整備・枝葉の除去、剪定された枝木や有機性廃棄物の粉砕、耕作放棄地や未耕作地開発などにも活用可能。

※作業中車両周囲100m以内は立入禁止


●商品名:Cat HM210(マルチャー)with 308 CR
●作業幅:1,012mm
●破砕可能幹直径:200mm迄



●商品名:Cat HM115C(マルチャー)with 259 D3
●作業幅:1,480mm
●破砕可能幹直径:200mm迄

 

担当者からヒトコト!

日本キャタピラー
商品統括部 営業支援課

坪井正博さん

 
「生産量を維持」しつつ、無駄な燃料消費を“賢く”低減する Next Generation 林業仕様は、安全も次のステージへ。日常点検及び尿素水補充はグランドレベルから。詳細はぜひ日本キャタピラーホームページからお問合せ下さい。

 

問い合わせ

日本キャタピラー合同会社
〒100-0011東京都千代田区内幸町1丁目2-2 日比谷ダイビル
TEL:03-5251-9555
FAX:03-5251-9560


Sponsored by 日本キャタピラー合同会社

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら