注目キーワード

機械・ツール

木材向け最新SCMソリューションに期待! 英スタートアップ企業&国際非営利団体が開発

林業におけるサプライチェーンは極めて複雑だ。そこで、イギリスのスタートアップ企業と国際非営利団体が共同開発! ブロックチェーンを活用した、情報一元管理ソリューションが登場している。

 

ブロックチェーンを活用した
世界の最新SCM技術

「TimberChain」にログインした際のデモ画面

「ティンバー・チェーン」は、国際非営利団体プリファード・バイ・ネイチャーとイギリスのスタートアップ企業iov42によって開発された木材のサプライチェーンを可視化するソリューションだ。

ブロックチェーン技術と第三者認証、木材市場の知見を組み合わせ、木材のサプライチェーンにまつわるすべてのデータをリアルタイムで記録して安全に一元管理し、森林管理者から木材加工会社、木材輸出業者、材木店まで、あらゆるステークホルダーに共有できる

マレーシアの大手木材輸出業者カール・ロノーでこれを試験的に導入したところ、サプライチェーンの透明性と安全性が向上した。「ティンバー・チェーン」は今後、木材や農産物に幅広く活用される見込みだ。

国際非営利団体
「プリファード・バイ・ネイチャー」HP

©Iov42


文:松岡由希子



関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 安全性×抜群のフィット感&軽さのヘルメット! 製品へのファナーのこだわりとは?...
  2. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  3. 林業現場の安全対策アイテム7選。新登場&注目アイテムを紹介!
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  6. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  7. 【育苗業界の革命児が語る杉樹苗の最新事情】求められるタイミングにあわせた育苗を可能に...
  8. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  9. トウガラシが山を救う!? 高効果&低コスト&環境低負荷の獣害対策アイテムとは?...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら