注目キーワード

機械・ツール

悪路に負けない、安定の足回り。16tクラス林業専用ベースマシンが新登場!

コベルコ建機から、過酷な現場で活躍する「16tクラス 林業専用ベースマシン」が登場。圧倒的な走行性能でいかなる悪路にも対応する。林業現場で高パフォーマンスを実現できる、新モデルのポイントとは?

林業現場に適した
パフォーマンスを実現

コベルコ建機の林業専用機「K-FOREST」シリーズに新たに加わった「SK165SR-7F」。悪路に負けない走行性と、現場にあわせた構造の強化で、林業現場での高パフォーマンスを実現する。


全幅は13トンクラスと変わらない2,490mm。日本の林業現場の狭い環境でもストレスなく作業が可能だ。

 


最低地上高は500mm。13トンクラスに比べて25%アップし、高い切り株も容易に越えられる。

 

Machine point

POINT 1 抜群の走行性能

専用のクローラフレームと走行モーターを採用。安定性を確保しつつ、ぬかるみがひどい場所でも抜群の走行性能と、登坂性能を発揮。

 
POINT 2 狭い林道でもスムーズに

小回りの効く車幅に加え、左右のクローラ操作に応じて最適な作業油量を分配するため、狭い林道や土壌でもスムーズな旋回が可能。

 
POINT 3 アタッチメント駆動力も向上

78.6kWの高出力新型エンジンの搭載と、アタッチメントへの流量の向上で、高い駆動力を実現。様々な作業をストレスなく行える。

 

DATA

SK165SR-7F

●標準バケット容量(山積):0.5㎥
●定格出力:78.6kW(ファン付き)
●旋回速度:11.0min-1
●走行速度:1速2.4km/h、2速4.7km/h
●登坂能力:70%(35度)
●最大掘削力:バケット105.4kN、アーム64kN

 

林業専用機ならではの機能を動画でCHECK!

 

問い合わせ

コベルコ建機株式会社
東京本社/〒141-8626 東京都品川区北品川5-5-15

※記事中の画像に使用されているアタッチメントはイメージです。


Sponsored by コベルコ建機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  6. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  7. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  8. 【グッドデザイン賞】広葉樹小径木の”期待の星”「森のじゅうたん」の魅力とは一体?...
  9. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  10. 下刈りの常識を変える、機械導入が加速中! 省力化・コスト削減の実証結果は?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら