注目キーワード

機械・ツール

【おすすめドローン2選】圧倒的な時短&コスト削減が可能! 苗木や資材の運搬に活躍

これまで人力や大型運搬機で運んでいた林業資材を運搬ドローンで効率化。圧倒的な時短を実現できる林業用ドローン2選を紹介。

 

株式会社DroneWorkSystem


EAGLE40
●重量:28.8kg(バッテリー込)
●アーム展開時軸間:1900mm
●使用プロペラ:36インチ
●運搬可能量:40kg
●最大使用時間:20分※個人差有

担当者VOICE

福島県産ロボットに認定されている物資運搬用ドローンです。最大積載量40kgなので、コンテナ苗だけでなく滑車やロープなど40kg以内であれば様々な物の運搬が可能となっています。また、弊社独自のフライトコントローラーにより縦揺れだけでなく横揺れにも対応しています。EAGLE40の他に15/24も製作しています。

 

晃洋測量設計株式会社


資材運搬ドローン
●機能:ウインチ搭載、操縦用カメラ搭載
●飛行時間:約13分(積載重量13kg、バッテリ残30%時)
●機体サイズ:プロペラ間 1,370mm 高さ:650mm
●機体重量:約18kg(バッテリ搭載)

担当者VOICE

これまで人力や大型運搬機で運んでいた苗木や獣害ネットや支柱、滑車などの林業資材を資材運搬ドローンで効率よく運ぶことができます。起動性の高いドローンは現場条件に影響されず、現場作業者の作業負担の軽減と高い安全の確保が図れます。環境にやさしく、低コスト化が図れる資材運搬ドローンを林業機械の一員に加えてみてはいかがでしょうか。




FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 行政・林業現場に届け、この技術。スマート林業を実現する《森林GISサービス》とは?...
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 「木質バイオマスビレッジ」に行ってみると!?【前編】小さなむらの村長の想いとは...
  4. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. 小さな村の大きな挑戦!?「木質バイオマスビレッジ」とは【後編】国も選んだ先進モデル...
  7. 樹木レポートを自動生成する!? 【世界初】スウェーデン自律飛行ドローンソリューション...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【チェンソー防護ブーツ編】...
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  10. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.14|¥0
2022/12/15発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら