注目キーワード

機械・ツール

山中の携帯圏外でもチャット可能! 最大200km以上通信可能なデバイスとは

林業の現場である山の中は、携帯電話が圏外になっている場所も少なくない。株式会社フォレストシーのGeoChat(ジオチャット)は、通信インフラが整っていない場所でもチャット通信が可能になるデバイスだ。

GeoChat(ジオチャット)
その便利な通信機能とは?

独自のLPWA無線(GEO-WAVE)を用いることで、携帯圏外でもスマホアプリを用いてチャット(双方向通信)ができるデバイス「GeoChat(ジオチャット)」

通信インフラの整っていない完全オフラインの環境でも、端末同士の無線通信によってメッシュネットワークを構築し、スマートフォンとBLE(Bluetooth Low Energy)で接続。それにより、スマートフォンの専用アプリで、チャットや位置情報、SOSメッセージの送受信が可能になる。

サービスは『GeoChat』だけでも利用可能だが、中継機を設置すれば通信範囲がさらに広がる。見通し通信距離は最大200km以上だ。

DATA

GeoChat
●周波数:920MHz
●送信出力:250mW
●電源仕様:内蔵リチウムバッテリー(3.6V/2,875mAh)
●その他:準天頂衛星対応GNSS受信機搭載、USB Type-C充電可能

 

担当者VOICE

株式会社フォレストシー
芦田佑介さん


私たちは自然再生・地方創生を基本理念に、携帯圏外でも利用可能な独自の長距離無線規格「GEO-WAVE」を活用した「里山通信」事業を全国で展開しています。中山間地域での課題がございましたら、ぜひお声掛け下さいませ。

問い合わせ

株式会社フォレストシー
MAIL:fs_info@kbrains.co.jp


FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

Sponsored by 株式会社フォレストシー

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら