注目キーワード

機械・ツール

日本初の自動運転システム搭載! 斜面や不陸地でも安全に作業できるリモコン式草刈機

高性能機械を活用して、効率的な林業を。今回紹介するのは、下刈りで活躍が期待されるリモコン式草刈機。草刈機では、日本で初めて自動運転が可能になる。

斜面や不陸地でも
長時間快適・安全に作業可能

これから下刈りの現場での活用が見込まれているのが、「アースモア PRO XRot」。斜面や不陸地でも長時間快適・安全に作業できる遠隔リモコン式の草刈機だ。「エンジンの起動」「芝刈り機カバーの上げ下げ」「PTOの作動」「ライトの点灯」といった機能は全てリモコンで簡単に実行できる。

また、オプションのGPSドライブシステムを搭載すれば、草刈機では日本で初めて、スマホやタブレットに入力した3パターンの自動運転が可能になる。


直感的なリモコン操作で、コントロールの習得は数分。最大200m離れた場所から遠隔操作でき、オペレーターの作業の安全性・快適性が高まる。

低燃費・高馬力エンジンで発電し、最新の電子制御システムにより電気モーターで駆動。低騒音、低排気、低重量というメリットとあわせ、油圧オイルやフィルターなどの損耗部品を使用しないため、メンテナンス不要の上環境にも優しい。時速4kmで作業を行った場合、1時間に最大3200㎡の作業が可能だ。



DATA

アースモア PRO XRot


刈幅:80cm
刈高:30~120mm(電気調整)
最大傾斜:横刈り:45度、縦刈り:登坂55度
処理能力:最大3200㎡/h(中速4km/hの場合)
ラジコン通信距離:200m

問い合わせ

アースマシン株式会社
TEL:050-3456-7683


FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  9. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら