注目キーワード

機械・ツール

オープンデータを活用した森林情報ツールって? スマホでも簡単に利用可能!

今やデータは膨大に存在する時代。それをどのように有効的・効率的に活用するのかが問われていくだろう。北欧フィンランドでは、林業に役立つデータがオープンデータとして公開されている。その活用方法を見ていこう。

地図ベースの森林情報ツール
「ウッズアップ」

北欧フィンランドでは、2018年3月から、国内の約6割の森林を対象に、樹木の種類や生育状況などの情報をオープンデータとして公開している。

フィンランドのスタートアップ企業ビットコンプが開発した「ウッズアップ」は、これらのオープンデータを活用した地図ベースの森林情報システムだ。パソコンのほか、モバイル端末でも利用でき、樹種や胸高直径の平均値、収穫量、伐採予定時期など、条件に合った林分をマップ上で検索できるほか、現地調査で得た情報や画像をマップに記録できる機能などを搭載。

これまでに製材メーカーや木材流通業者など、700社以上で導入されており、用途やニーズに合った木材の調達先の開拓に役立てられている。

©BitComp Oy


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!
  2. 高性能林業機械の修繕費を抑えるために重要なポイントは? 最新論文を解説
  3. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  6. 日本発の植樹手法「宮脇方式」を応用! インドで行われる注目の植林プロジェクト
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  9. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら