注目キーワード

機械・ツール

伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた

10月1日に発売された、STIHLの最新チェンソー『MS 500i』。インジェクションの搭載が話題だが、使い心地が気になる方も多いはず。そこで今回、チェンソーマンとして知られる今井陽樹さんに実際に試してもらい、リアルな使用感を聞いてみた。

 

「バランスが良い」から
スペック以上に軽くて使いやすい

林業界、とくにチェンソーを使う現場の方なら、知らぬ人はいないであろうチェンソーマンが、今井陽樹さん。日本の伐木チャンピオンシップで常にトップを競う実力者である。

伐木チャンピオンシップは、「伐倒競技」「ソーチェン着脱競技」「丸太合せ輪切り競技」「接地丸太輪切り競技」「枝払い競技」の全5種目で競われる。

採点ポイントは、手順の確実性と安全・正確性。実際の林業現場で鍛えた技術が問われるものだ。

今井さんは海外の大会にも出場して経験を積みながら、自主開催の伐木大会運営にも奔走している。もちろん競技だけでなく、林業の現場で山を守ってもいる。

「チェンソー競技の大会に出るためにSTIHL製品を知人から借りたのが、私とSTIHLの出会いでした。もう今から6年ほど前の話です。使い始めてみると、バランスの良さに驚かされました。ハンドルの角度やリヤハンドルの太さが分かりやすい例ですが、同じクラスのチェンソーでも、実はメーカーによって、それらは違っています。STIHL製品は、スペック以上に軽く感じたり、また疲れにくかったりしますよね。以来、STIHL製品を愛用していて、いまは『MS 461』を使っています」。

今井さんの言う「疲れにくさ」は人間工学を活用したデザインの成せる技で、ハンドルの角度やリアハンドルの太さ、それに重量バランスを計算した設計によるものだ。

今回はさらにユーザーのストレスを軽減するSTIHLの次世代機『MS 500i』をいち早く体験してもらった。

STIHLの最新モデル『MS 500i』

世界で初めて吸気系にインジェクションを採用することで、抜群のハイパワーと加速性、指導性を手に入れた『MS 500i』。従来からのSTIHL製品の長所である軽さと、人間工学を活かしたデザインを採用しているから、扱いやすさも抜群だ。

インジェクション化の効果
始動性と高出力を体感

「まず手に持った感覚が軽い。普段使っている『MS 461』は6.7kgですが、この『MS 500i』は6.2kg。実際の重量以上に、体感として軽く感じます。今までのSTIHL製品の良さを受け継いでいますね。そして、とにかく始動が楽になりました! これは現場では本当に嬉しいですね。エンジンが掛からないと、その日の作業どうしよう……ってなりますから(笑)」。

チョーク操作無しで、瞬時に始動

気温の高低、標高の高低に関わらず、簡単に始動する。スイッチONやチョーク操作は不要。燃料ポンプを数回押して数回スターターを引けば、簡単、確実に始動してくれる。これは嬉しい!

最高回転まで一気に加速

吸気系をインジェクション化したことで、他に類を見ない圧倒的な加速性の良さを手に入れたのも『MS 500i』の特徴。最高回転まで瞬時に加速するから、切りはじめ時のストレスを大幅に低減してくれる。

軽量で枝払いでも扱いやすい

79.2cm3という大排気量モデルでありながら重量はわずか6.2kg!STIHL得意の人間工学に基づいた重量配分やハンドル角度といった設計により、作業時には数値以上に軽く感じる。

スイッチのオンオフやチョーク操作が不要で、すぐに、そして確実に始動するのが本機の特長のひとつ。そしていよいよ実際に伐木した際に、まず感じたのがそのパワフルさだという。

「これは『MS 461』と比較して明らかに違います。太い樹を切るときに効果が現れるだけでなく、安全な作業にも繋がります。突っ込み切りのときにも全く回転が落ちませんでした。感心しましたね」。

圧倒的なハイパワーとトルク

最大の特徴は圧倒的なハイパワー。最高出力はパワフルな5.0kW。インジェクションで負荷に応じた燃料を供給するから、鋸断時のパワー&トルクダウンが少なく粘り強い。より安全な作業も可能になった。

メンテナンスも簡単

スプロケットカバーはキャプティブナット付きで、メンテナンスや調整でのバーチェンの付け外し時にナット紛失を防止する。工具なしでキャップの開閉が可能なツールフリータンクキャップも便利な装備だ。

なるほど、STIHLが次世代機と呼ぶだけの高性能を実感できるようだ。それでも意地悪く、製品の弱点について聞いてみた。

「う~ん……正直に言って……見当たりません(笑)。STIHLのチェンソーは、キャブレターを電子制御するM-Tronicの登場で、高度や負荷に応じて空燃比を自動でコントロールできるようになって、もうこれで完成形かな、と勝手に想像していました。それが今回のインジェクション化によって、さらに高出力化、ハイレスポンス化を実現してしまった。これは凄いことだと思います」。

まさしく世界に先駆けた機種である本製品。最後に、どのような用途での活用に期待できるかを聞いた。

「STIHLファンにとっては堪らない1台ですが、ちょうど先日見学したスイスの競技大会でも、上位選手の3分の1ほどが『MS 500i』を使っていました。太い樹をバンバンと切っていく作業をする人にとって、絶対的に有用なモデルと言えます。そのうえ取り回しにも優れていて軽い、加速も速いので、枝払いもストレス無くできてしまう。今までは伐木用と枝払い用でチェンソーを使い分けていましたが、これなら1台で事足ります。バランスが取れている良いチェンソーです」。

 

<製品仕様>
MS 500i
希望小売価格(税別)(2020年4月1日現在):245,000円
排気量:79.2cms3
出力:5.0kW
質量(本体のみ):6.2kg
推奨ガイドバー:50cm

コストパフォーマンス重視のあなたには
こちらがオススメ!

MS 462 C-M

重量6.0kgと軽く作業がしやすい。インジェクション化された『MS 500i』と比較してしまうと見劣りするものの、必要にして充分な4.4kWの高出力を誇る。日本では2018年に発売開始されたばかりの新しいモデルにも関わらず、前機種の『MS 461』に比べて価格が約7万円も安くなっているのも大きな魅力。

 

<製品仕様>
MS 462 C-M
希望小売価格(税別)(2020年4月1日現在):219,000円
排気量:72.2cms2
出力:4.4kW
質量(本体のみ):6.0kg
推奨ガイドバー:63cm

問い合わせ

株式会社スチール
TEL:0285-51-1411
FAX:0285-51-1419

●カタログのご請求は「フォレストジャーナル」と明記して、上記まで!

●STIHLの最新情報が届くメルマガ登録はこちら!


Photo:松尾夏樹(大川直人写真事務所)
Text:Reggy Kawashima
Thanks to:下仁田町森林組合

FOREST JOURNAL vol.1(2019年秋号)より転載

Sponsored by 株式会社スチール

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 森林は温暖化を防止するための道具ではない 大増伐へと歩み出しかねない現状に警鐘...
  3. こだわりぬいた「使いやすさ」でスマート林業を支える! 進化を遂げた最新ICTシステム3選...
  4. 高利益率を誇る注目の木材は「薪」!? 新たなビジネスモデルも誕生
  5. 【冬支度のいろは】現役林業家から学ぶ! 冬支度で用意すべきアイテム10選...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年冬号 12/21発行!
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2020/12/21発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら