注目キーワード

機械・ツール

生産者と加工業者をつなぐ! 「原木売買プラットフォーム」って?

ドイツで開発中の、林業オンラインマーケット『フォースティファイ』が、いよいよ試験運用を開始。木材生産者と加工業者が直接売買できる手軽さに、注目が集まっている。

2019年末までにはドイツ全土で
「原木の直接売買」が可能に!?

ドイツ西部エンゼで開発がすすめられている『フォースティファイ』は、森林所有者や森林組合、林業家などの木材生産者と、製材所や製紙所をはじめとする加工業者をつなぎ、原木を直接売買できるB2B型のオンラインマーケットプレイスだ。


Forstify

木材生産者が販売したい原木の種類や価格、強度、太さ、原産地などの情報を画像とともに投稿すると、『フォースティファイ』のオンラインマップ上に販売中の原木の情報が表示される仕組み。


Forstify

加工業者は、投稿されている情報をもとに原木の質などを評価したうえで、欲しい原木を木材生産者から直接調達できる。

『フォースティファイ』は、現在、ドイツ西部ザウアーラントの一部の森林所有者と製材所を対象として試験的に運用しており、2019年末までにはこのサービスをドイツ全土で正式にリリースする見込みだ。

DATA

Forstify


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 安全性×抜群のフィット感&軽さのヘルメット! 製品へのファナーのこだわりとは?...
  2. 林業・木材について考えるカードゲーム6選を紹介! 多方面に目を向けるきっかけに...
  3. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. 林業現場の安全対策アイテム7選。新登場&注目アイテムを紹介!
  7. そもそも事故とは「たまたまの時」に発生する。大切なのは定常時のルーティン...
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら