機械・ツール

生産者と加工業者をつなぐ! 「原木売買プラットフォーム」って?

ドイツで開発中の、林業オンラインマーケット『フォースティファイ』が、いよいよ試験運用を開始。木材生産者と加工業者が直接売買できる手軽さに、注目が集まっている。

2019年末までにはドイツ全土で
「原木の直接売買」が可能に!?

ドイツ西部エンゼで開発がすすめられている『フォースティファイ』は、森林所有者や森林組合、林業家などの木材生産者と、製材所や製紙所をはじめとする加工業者をつなぎ、原木を直接売買できるB2B型のオンラインマーケットプレイスだ。


Forstify

木材生産者が販売したい原木の種類や価格、強度、太さ、原産地などの情報を画像とともに投稿すると、『フォースティファイ』のオンラインマップ上に販売中の原木の情報が表示される仕組み。


Forstify

加工業者は、投稿されている情報をもとに原木の質などを評価したうえで、欲しい原木を木材生産者から直接調達できる。

『フォースティファイ』は、現在、ドイツ西部ザウアーラントの一部の森林所有者と製材所を対象として試験的に運用しており、2019年末までにはこのサービスをドイツ全土で正式にリリースする見込みだ。

DATA

Forstify


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  4. ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催
  5. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  6. STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」9/20(金)創刊!
  10. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2019年9月20日発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら