注目キーワード

「獣害対策」の検索結果

増加するシカによる被害を防ぐ資材として忌避剤や柵が用いられているが、その効果はシカ密度によって異なる。 どのくらいのシカの頭数に対し、どの防除方法があうだろう?

シカ密度をスマホで確認!? 先端技術と最新資材で効率的な獣害対策を行おう!

全国で相次ぐシカによる森林被害。捕獲による個体数調整は、林業関係者にはハードルが高い。しかし新たに確立された捕獲法が、ワナ設置や見回りの手間を省力化できるとして注目されている。

シカによる森林被害を食い止めよ! 初心者でも簡単・高捕獲『小林式誘引捕獲法』とは?

林業に転職して4年目の林業家が生き生きと綴る「新米目線」コラム! 第10弾は「獣害対策」について。獣害は地域によって程度がさまざま。対策もいろいろだけど、もしかして獣害って自分たちの作業が原因……?

《新米林業家、獣害を考える。》獣害対策ってどんなことするんですか?

山の獣害で悩んでいる林業関係者に朗報! 日本初ノンケミカルの苗木保護剤が2022年、ついに誕生した。シカの食害で苗木が全滅した栃木県佐野市で、新たにその苗木保護剤を導入、深刻な被害を乗り越えているという。

トウガラシが山を救う!? 高効果&低コスト&環境低負荷の獣害対策アイテムとは?

さまざまな獣害対策が試される中で、新たな駆除方法である「硝酸塩入りの餌の散布」が近年駆除方法として期待されている。しかし、まだまだ抱える課題は多い。喫緊の課題である獣害対策に、現在も多くの研究や試行錯誤が成されている。

喫緊の課題である獣害対策に変化の兆し 害獣の行動に着目した新たな駆除方法とは

伐採跡地の再造林が課題に上がる林業地で問題となっているのが、山の獣たちだ。とくにスギやヒノキの苗の食害は絶えず、その被害の深刻さは農作物被害と同等だ。そこで、現在行われているさまざまな防御策を簡単に整理した。確実な獣害対策はあるのだろうか。

植林地の獣害対策が抱える問題とは? 確実な防御策は存在するのか

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 【2024年最新】データで見る林業の労働災害の現状
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/6/23まで!...
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. メーカー担当者に聞いた! チェンソーの賢い選び方
  9. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら