注目キーワード

「林業機械」の検索結果

メンテナンスの基本は「清掃」。まず、汚れたところをキレイにする。それを日々心がけておけば、故障や異常も早く見つけることができる。パーツごとの注意点をチェックしよう!

機械を長持ちさせるためにはまず清掃から! 下刈り機のパーツ別メンテナンス方法

炎天下で行う下刈り作業は過酷なものだが、だからと言って軽装で作業する事はお勧めできない。まずはしっかりと安全装備。そして十分な休息と水分補給を忘れずに。

炎天下の夏の作業になるからこそ準備が大切! 下刈りで準備するものチェックリスト

高性能機械を活用して、効率的な林業を。今回紹介するのは、下刈りで活躍が期待されるリモコン式草刈機。草刈機では、日本で初めて自動運転が可能になる。

日本初の自動運転システム搭載! 斜面や不陸地でも安全に作業できるリモコン式草刈機

下刈りの自動化はどこまで進んでいるのだろうか。今回は「下刈りの未来」をテーマに、最新の研究動向について、最前線で開発に取り組む森林総合研究所の山田健さんにお話を伺った。

林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る

道具を見直せば、下刈りはもっと楽になる。 効率的な作業に欠かせない最新の刈払機に加え、作業者の負担を大幅に軽減してくれる油圧ショベル用の刈払機を計6選ご紹介。

道具を見直して下刈りをラクに! おすすめの最新刈払機&油圧ショベル用刈払機6選

高性能林業重機の導入は、労働災害防止対策として大きな意味を持つが、ベースマシンの選定にあたって安全装備に着目すれば、その安全性をさらに高めることが可能だ。今回は住友建機の高性能林業機械『SH135X』の安全装備についてチェックしよう。

ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ

地拵えや下刈りで活用できるアタッチメントだが、実際現場ではどのように使われているのだろうか? 今回は、草刈りアタッチメント 「FLAIL-CUT」が導入された現場『鹿児島県南大隅町/駿河木材有限会社』を訪ねて、お話を伺った。

下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント

林業者にとって夏といえば下刈りの季節。日陰のない猛暑のなかでの作業となるため、少しでも効率的に作業できるものを選びたいもの。今回は、メーカーのイチオシ製品、共立の刈払機「SRE2730P」を紹介。

中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

林業における現場のマンパワー不足を解消してくれる、グラップルプロセッサ。イワフジ工業のチルト機能搭載「GP-35B」は、2017年の発売以来、高い評価を集めている。

傾斜地での造材ならこの一台! 施業効率アップかつ人手不足を解消できる注目のプロセッサとは?

「目立てには技術が必要だ」「目立ては時間がかかって大変」……そんな常識を覆す目立て専用機が日本に上陸。ハーベスターチェーンにも対応する『オートグラインダー』だ。

手間のかかる“あの作業”が、たった5分で完了!? 革命的な「目立て専用機」がついに日本上陸

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  2. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう
  5. 事務交渉を組合が一手に引き受け、現場は生産に注力 大量の原木を共同販売
  6. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  10. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら