「林業機械」の検索結果

スウェーデン生まれの運搬機械メーカー・HIABが開発した『HiVision』は、カメラベースの3Dビジョン技術を駆使した林業用クレーンの新たな操作ツールだ。この最新機器を導入した岩手県の古里木材物流の創業者・畠山氏に、その効果と狙いについて話を聞いた。

トラックキャブの助手席からクレーン操作で効率化! 木材物流会社の革新的な労働環境

作業者のストレスを軽減する、防塵・防音性能を高めたエンジン冷却システム「iNDr」。コベルコ建機の林業専用機「SK75SR-7F」に搭載される、その仕組みについて話を聞いた。

過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目

イワフジ工業が4月に発売を開始する「GS-50LSJグラップルソー」。小型のベースマシンにも取り付けられるため、さまざまなシーンで幅広く使える一台となりそうだ。

小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは

住友林業株式会社と株式会社マゼックスによって共同開発された林業用運搬ドローン「MORITO(森飛)」の販売が始まった。造林作業のなかでも大きな負担となってきた「苗木の運搬」の省力化を実現する機器として注目が集まる。

いよいよ発売! 国内初の林業用運搬ドローン「MORITO(森飛)」で苗木運搬がラクになる?

1日に1人で約400本も植栽ができるようになる!? 植林用穴掘り機『ほるほるくん』のすごさに迫る!

コンテナ苗植栽を効率化! 植林用穴掘り機『ほるほるくん』

林業に欠かせないチェ―ンソー。アメリカ生まれのブランド、OREGONの「切る」を極めて耐久性が増した、新発売のチェーンをご紹介。

「切る」を極めて耐久性アップ! アメリカン・チェーンが新発売

令和2年10月4日(日)・5日(月) 、北海道苫小牧市にて全国の最新鋭林業機械が集うイベント「2020森林・林業・環境機械展示実演会」が開催される。多くの有名企業が参加するこのイベント、今回の開催場所が北海道郊外の広々とした土地なだけあり、前回よりもパワーアップした実演会になりそうだ。

2020年は北海道で開催! 国内最大級の林業機械実演会が出展社を募集中!

1月、ブラント・ジャパン株式会社は、東日本初となるオレゴンブランドショップを神奈川県にオープンした。オレゴン製品を幅広くラインナップし、ソーチェーンはもちろんのこと、ガイドバー、スプロケット、アクセサリー、刈払機用品なども多数取り揃えている。今、注目の集まる店舗だ。

東日本初の『オレゴンショップ』誕生! 豊富なラインナップを一堂に集めた新店舗

盛んに使われているスマート林業という言葉に込められた意味とは。また、林業の現場には今後どのようなスマート林業機械が入ってくるのか。本分野における本邦随一の研究機関である森林総合研究所にお邪魔して、それらのお話を伺った。

本分野プロ森林総研に聞く! 日本のスマート林業の研究成果とは

主伐期を迎えた日本の森林資源を有効活用する手段として期待されている木質バイオマス活用。そこでは社会システムの構築とともに、高効率な林業機械が求められている。

高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた

1 2 3

アクセスランキング

  1. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  5. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  6. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  7. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  8. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら