エコ・地域づくり

起業家や学者など750名が集結! 自然の中で食を楽しむ「フードフェスティバル」

人と自然とのつながりを感じながら、五感をフルに活かして食を楽しむオランダのイベント。開放的な空間に癒やされそうだ。

人と自然が交わる
開放的な空間

「フード・アンプラグド」は、オランダ中部エーデで2015年から毎年夏に開催されているフードフェスティバル。シェフや農家、食品加工業者、起業家、学者ら750名以上がオランダ内外から一堂に会する。


FOOD UNPLUGGED

会場となる郊外の森林は、澄んだ空気に包まれ、人と自然とのつながりを感じながら、五感をフルに活かして食を楽しめる開放的な空間だ。会場では、終日、料理教室やテイスティング講座、セミナーなどを実施。食にまつわる知識やスキルを共有し合う場となっている。


FOOD UNPLUGGED

また、森林の中心部に並ぶ長いテーブルで、一流シェフが腕によりをかけて調理した出来立ての美味しい食事をみんなで囲むのも「フード・アンプラグド」の恒例イベントだ。音楽が流れる心地よい空間で、参加者同士が日暮れまでともに過ごし、互いに交流を深める機会となっている。

DATA

FOOD UNPLUGGED


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  9. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら