注目キーワード

機械・ツール

手間のかかる”あの作業”が、たった5分で完了!? 革命的な「目立て専用機」がついに日本上陸

「目立てには技術が必要だ」「目立ては時間がかかって大変」……そんな常識を覆す目立て専用機が日本に上陸。ハーベスターチェーンにも対応する『オートグラインダー』だ。

革命的目立て専用機
『オートグラインダー』

1日に数本、あるいは月に20本、30本と目立てをする販売店や森林事業体にとって、目立ては手間と時間、それにコストが掛かる作業。そんな常識を覆す目立て専用機がOREGON(オレゴン)の『オートグラインダー』だ。3年前にアメリカで発売が開始されると、あっという間に販売店や林業事業体の必需品となった。 

そのメリットは、何と言っても作業効率の高さにある。チェーンの長さにより違いはあるが、作業時間はたったの5分! しかも設定さえ正しく行えば、誰が作業しても高精度に仕上がる。目立ては熟練者が行うもの、という常識も覆した。

1~2日で設定とメンテナンス方法を覚えてしまえば、誰でも熟練者の目立てが可能。機械が自動で作業をしてくれるから、目立てをしながら別の作業も出来てしまう。 


気になる裏側は、安心の機械式!

販売価格は決して安価ではないが、20本/月の目立てを行う販売店であれば3年で元が取れ、以降は利益を出し続けてくれる。

さらに、ハーベスター用を含む最大404インチピッチまでのソーチェーンに対応と汎用性も高い。だからこそ、『オートグラインダー』は大人気商品に成長したのだ。

※3/4インチピッチは別で専用モデルあり

<製品概要>
製品名:OREGON オートグラインダー
価格:¥1,330,000
サイズ:W480×D330×H520mm(本体)、W480×D360×H1,590mm(スタンド込み)
重量:50.5kg

問い合わせ

ブラント・ジャパン株式会社
TEL:045-682-4433

問い合わせの際は、「フォレストジャーナルを見た」とお伝え下さい。


写真/松尾夏樹(大川直人写真事務所)
文/川島礼二郎

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

Sponsored by ブラント・ジャパン株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機
  6. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  7. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら