機械・ツール

林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは

過酷な環境で働く林業者に朗報! 山の中の携帯圏外でもチャット通信が可能なデバイスが、いよいよ販売開始された。その概要をご紹介しよう。

山の中の圏外でも、
チャット通信が可能になる

携帯圏外の現場で、万が一、事故に遭遇してしまったら……」。林業者なら誰しも、そうした不安を感じたことがあるはずだ。

そんな不安から解放してくれるシステムが、2月より販売開始された『ジオチャット』だ。


トランシーバーのように『ジオチャット』同士でチャット通信ができる。専用アプリの表示・操作のためにスマートフォンを使用する。万一の事故時には加速度センサーが危険を察知、自動でSOSを発信してくれる。

独自のLPWA無線(GEO-WAVE)を用いることで、携帯圏外でもスマホアプリを用いてチャット(双方向通信)ができるデバイスである。サービスは『ジオチャット』だけでも利用可能だが、中継機を設置すれば通信範囲がさらに広がる。見通し通信距離は最大200 km以上だ。

また、事故が起きた際にはSOS発信機能が作動。加速度センサーが事故を検知して自動でSOSを発信してくれる。これは林業者にとって安心な機能だろう。

さらに、特筆すべきはそのコストパフォーマンスの高さだ。通信にLPWA無線を利用するため、通信費用が不要。これは携帯電波を利用しない独自技術の成せる技だ。また、携帯電話の基地局設置には一般的に1〜2億円が必要となるが、『ジオチャット』の中継機は圧倒的な低価格で設置可能。

システムを開発したのは獣害対策システム『オリワナシステム』で定評のあるフォレストシーだ。この『オリワナシステム』は『ジオチャット』と同じLPWA無線を用いており、既に全国約70ヶ所で実装されている。

『ジオチャット』は作業者間のコミュニケーションツールとして、また安全・安心を確保する手段として、林業界を支えるツールとなるに違いない。
 

 

\ジオチャットだけでも繋がる!/


完全オフラインの環境でも端末同士の無線通信により、メッシュネットワークを構築。チャットや位置情報、低解像度画像などの送受信を可能にする。

\中継機があればさらに繋がる!/


中継機を1つ設置することで、より広域に、安定して繋がることができる。
 

面積9割が森林の町が
まるごと通信可能になった!


今年1月には地方自治体として初めて愛媛県久万高原町で独自LPWA通信が整備された。町内の林業者に『ジオチャット』を6000円/年間で貸し出し運用が開始された。今後は林業だけでなく、防災、高齢者の見守り、獣害対策などにも活用される。
 

 

お問い合わせ

株式会社フォレストシー

E-mail:fs_info@kbrains.co.jp


Text:Reijiro Kawashima

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載

Sponsored by 株式会社フォレストシー

関連記事

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 〈インタビュー〉林業の魅力を現場から届けたい! 「カッコイイ林業」を目指す若者たち
  4. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  5. 林業を変える6つの技術にフォーカス!農林水産省が公開した「新技術カタログ」に注目
  6. 他業種交流でイノベーションを!『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』参加者募集中
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  10. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら