機械・ツール

今スグ導入できるアプリも! 日常業務を効率化する「スマート林業ツール」5選

日本でもこれからさらに加速していく、スマート林業への動き。現時点でどのようなサービスが登場しているのか、確認しておこう。今回は、日常業務を効率化する5つのツールをピックアップ!

業務管理が楽になる!
日報・業務管理

アクティオ『フォレストモバイル』

スマートフォンやタブレットなどを活用し、日々の業務の進捗状況や作業員の日報管理などをデータで一元管理。作業員は個人のデバイスで作業時間・機械稼働時間・出荷量・進捗率など簡素化された日報を入力・送信でき、会社に戻る時間を省略できる。

森林管理サービス提案を標準化!
森林作業見積もり・施業提案

インフォファーム『SPIRIT OF FORESTER』

集約化作業提案を効率的に進める「所有者合意形成活動」アプリ。画面タッチにより伐採する木の本数の変更と金額を試算し、森林所有者が納得しやすい施業提案を行える。

簡単操作で高効率な作業!
林業機械用ICTシステム

日立建機『iLoggerバリューバッキング』

フィンランドのWaratah社製。木材市場での取引価格を入力しておくと、1本あたりの木が最大価格になるよう、最も高く取引される条件の径と長さにハーベスタを制御。採材プランを自動で算出してくれる。



住友建機『プロ・ログ』


住友建機が提供するフィンランドのKESLA社製の林業機械には、「StanForD2010(スタンフォード2010)」に準拠したコントローラー『プロ・ログ』を搭載。

“視界共有”で状況説明が正確に!
遠隔作業支援

オプティム『Remote Action』

遠隔作業支援専用スマートグラス。現場の作業員が装着することで、遠隔から現場の状況を把握し、作業の指示や支援を行うことができる。


FOREST JOURNAL vol.1(2019年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 機能性はもちろん、デザイン性も抜群! 林業におすすめ製品3選
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  8. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  9. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  10. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら