注目キーワード

機械・ツール

【世界初】驚異的な加速力を持つ「インジェクション搭載チェンソー」が登場!

株式会社スチールが、2019年10月1日より、チェンソーの新モデル『MS 500i / MS 500i W』の販売を開始する。インジェクションを搭載したことで、操作性やパワーにどんな強みが生まれたのだろうか?

エンジンチェンソーの
「新たな時代」

過去、様々な革新的技術を製品に取り込み、業界のリーダーとして確固たる地位を築き上げてきたSTIHL。今回、世界で初めて「電子制御フューエルインジェクション」を搭載したエンジンチェンソー『MS 500i』が販売される。

「電子制御フューエルインジェクション」は、インジェクションバルブを通して、直接クランクケースに混合燃料を噴射する技術だ。その利点はトルクの向上のみならず、エンジンの加速性能が飛躍的に向上し、チェンスピードが0km/hから100km/hに達するまで、わずか0.25秒という驚異的な加速力

また、軽量化を意識したデザインとそのエンジンパワーにより、これまでのチェンソーでは得られなかった、1.24kg/kWという圧倒的なパワーウェイトレシオ※1を達成している。プロフェッショナルユーザーにとって、この加速力とパワーウェイトレシオは、作業効率の飛躍的な向上に寄与するに違いない。

さらに、エンジン始動が簡単なのも特長のひとつ。これまでのようなスタートスイッチやチョークレバーの操作は不要で、燃料ポンプを数回押してスターターを2~3回引くだけと、手順は極めてスムーズだ。始動後は暖機運転を必要とせず、各種センサーにより温度などの周辺環境を測定。標高や気温の高低などの作業条件に左右されることなく、エンジン始動後すぐに最適な出力を得ることができるのだ。

※1 パワーウェイトレシオは、1kWが支える質量(kg)のこと。この数値が低いほど、加速性に優れる。

 

優れたバランスで
扱いやすく、疲れにくい

『MS 500i』は、軽量スプロケットカバーや、コンパクトに設計されたエンジンユニットを採用しているため、同排気量帯のチェンソーと比較しても非常に軽量で扱いやすい。

また、ジャイロ効果を低減するデザインのフライホイールや、そのフライホイールとクランクシャフトのバランスを最適化する設計により、作業時の機械の取り回しが良い。これは特に、機械の向きを激しく変える枝払い作業時に威力を発揮してくれそうだ。

使いたい時すぐにエンジンを始動でき、少ない疲労で快適に作業ができる。『MS 500i』は、まさに時代の最先端を行く、革新的なモデルといえるだろう。

 

<製品仕様>
モデル:MS 500i / MS 500i W
エンジン:2-MIX エンジン+STIHLインジェクション
排気量:79.2cm3
出力:5.0kW
最大トルク:5.4Nm
質量※2:6.2kg/6.3kg
パワーウェイトレシオ:1.24kg/kW / 1.26kg/kW
振動値:(左)4.2m/s2 (右)4.0m/s2
ガイドバー長:50cm
希望小売価格(税別)(2020年4月1日現在):245,000円 / 259,000円

※2 燃料、ガイドバー、ソーチェンを含まない質量。

 

問い合わせ

株式会社スチール

●STIHLの最新情報が届くメルマガ登録はこちら!

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 山を維持するための働きかたとは? 林業と副業のバランスを考える
  3. 地域材を地元の匠が仕上げる! 5つの樹種を用いた「純国産スツール」で森林の活性化へ
  4. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  5. 森林の可能性が広がる予感! 親子で楽しむ「ワデュケーション」とは?
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  8. 山を知る開発者だからこそ実現! 異次元の使いやすさを誇る山林管理サービス
  9. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  10. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら