注目キーワード

機械・ツール

「なぜ今まで無かった」常識を覆す”付け替え”で、今あるトップハンドルを高性能化!

小排気量モデルやバッテリー式モデルといった『トップハンドル』を高性能化する手段として、カッティングシステムの付け替えが注目されている。ここでは、作業効率を飛躍的に上げたユーザーの体験談を聞いてみよう。

トップハンドルソーの
切削スピードが段違いに

「トップハンドルは小回りが利いて便利だが、どうにも性能が不十分」……それが一般的なトップハンドルの評価ではないだろうか。

そんな常識を覆したのが、オレゴンが2020年に販売を開始した『スピードカットナノ』。

中型機に使用される325ピッチをそのままに各部をダウンサイズ化した、小排気量モデル・バッテリー式モデルに最適化されたカッティングシステムだ。

この『スピードカットナノ』を多用することで作業の大幅な効率化を実現しているのが、埼玉で熊倉林業を営む空師・熊倉純一さんだ。熊倉さんは本業のかたわら、オレゴンの社外プロダクトアドバイザーを務めている、プロ中のプロである。

「市販前にテストとして使い始めたのが3年前。すぐに『なんで今まで無かったの?』って思いましたね。それくらい軽々と切れるようになるんです。1クラス上のチェンソーと錯覚するほどの切削スピードを得られて、樹上での作業が圧倒的にスムーズになります。

作業中のチェーン落ちなどのトラブルから解放されるのも隠れたメリットで、作業効率が飛躍的に上がりました。より切れるようになるからチェンソー本体への負荷も減りますし、燃料消費も減っているように感じます

今では、一番必要なカッティングシステムになりました。疲れにくくなるので、従業員にも好評です。今では全てのトップハンドルに『スピードカットナノ』を搭載したほどです」。


『スピードカットナノ』に付け替えることで、中型機で使用されている325サイズのチェーンをトップハンドルで使える。だから、ある程度太さのある硬木でもトップハンドルで対応できる。枝の整理作業など幅広い用途でメリットを享受できる。

現在のところ、『スピードカットナノ』に付け替えできるトップハンドルはハスクバーナとスチール製である。対象製品をお持ちの方は、ぜひ導入を検討してほしい。また、来年からは国産のチェンソー用が販売開始予定。今後のラインナップ拡充にも期待したい。

ユーザーからヒトコト!

熊倉林業

熊倉純一さん

「『スピードカットナノ』に付け替えると、切れ味が1ランク上がります。樹上での作業が圧倒的にスムーズになるので、トップハンドルを使うあらゆるユーザーにオススメです!

 

DATA

スピードカットナノ

世界初の325サイズのロープロファイルチェーンを採用したカッティングシステム。極めて浅い“あさり”が中型機並みの切削スピードを実現する。耐摩耗性、防錆性能、耐久性も申し分ないプロ仕様だ。

 

問い合わせ

オレゴンツールジャパン株式会社
TEL:045-682-4433


文:川島礼二郎
写真:都築大輔

Sponsored by オレゴンツールジャパン株式会社

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら