注目キーワード

機械・ツール

【わずか5分】熟練者並みの目立てを誰でも自動で! オートグラインダー導入のメリット

自動で目立てができると噂のオレゴン『オートグラインダー』は、ハーベスターユーザーに最適だという。ここではオレゴンツールジャパンに、おススメの理由とそのメリットについて、ご説明いただいた。

ハーベスター・ユーザー
にこそ使って欲しい!

オートグラインダー』とは『自動目立て機』のこと。たった5分で誰でも正確な目立てを自動でできる優れものだ。

5年前にアメリカで販売が開始されると、その高精度な目立て能力と圧倒的な効率が話題となり、あっという間に販売店や林業事業体の必需品へと成長を遂げた。ところが日本では、販売店での導入は進んでいるものの、事業体や林業会社への認知は進んでいない。

オレゴンツールジャパンの青木伸之さんが解説してくれた。

「販売店にとっては目立ての効率化は利益に直結しますから、『オートグラインダー』のメリットを素早く察知してくださいました。

ところが事業体や林業会社にとっては、目立ては必要ではありますが、利益を生み出す作業ではないため、どうしても軽視されがちです。その結果、目立てされないチェーンが山のように溜まり、慌てて販売店に持って行く、というケースが見受けられます。

また、従業員=チェンソーマンであれば現場での目立ても可能でしょうが、近年ハーベスターをメインとする事業体・林業会社は、違うフィールドから林業に入る方が多数派です。そうなると現場での目立ても難しく、最悪の場合、作業が滞る原因となってしまいます」。

オートグラインダー』が自社にあれば、これらのトラブルは一気に解決する。それを実現した企業もあるようだ。


わずか5分、自動で熟練者並みの目立てができるのが『オートグラインダー』。設定さえ正しく行えば、誰が作業しても高精度に仕上がる。目立ては熟練者が行うもの、という常識を覆したオレゴンの話題作だ。

再び青木さんが教えてくれた。

「ハーベスター10台と多数のチェーンソーを所有するある企業では、チェーンを2グループ用意して、作業中にバックオフィスで全作業者一日分のチェーンを毎日1時間で用意しているそうです。

これにより現場での目立てが不要になり、今では「無いと困る」と言っていただけるほど、フル活用してくださっているんですよ」。

事業体・林業会社が『オートグラインダー』を自社で所有すれば効率が上がる……それが日本でも常識になる日は近い。

●自社で目立てできるから長期的には『経済的』
●熟練者以外でも『高精度』な目立てが可能
●自動で目立てできるから『高効率』

 

教えてくれた人

オレゴンツールジャパン

青木伸之さん

「『オートグラインダー』の価格は1,391,000円(税別)、ハーベスターを複数所有する方にとっては、十分に手の届く価格設定です。経営の効率化をお手伝いできる、オレゴンの自信作が『オートグラインダー』です」。

問い合わせ

オレゴンツールジャパン株式会社
TEL:045-682-4433


文:川島礼二郎
製品写真:松尾夏樹

Sponsored by オレゴンツールジャパン株式会社

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら