注目キーワード

機械・ツール

【チェンソー最新モデル】スチール、新ダイワから登場! 用途に合わせた最適な1台を。

幅広く使える軽量タイプや、冬場に適したヒーティング付きタイプ……各社の最新チェンソーを紹介! 用途にあった最適な1台を見つけてみては。

エンジンチェンソー
株式会社スチール


MS 500i/MS 500i W
●排気量:79.2㎤
●出力:5.0 kW
●質量:6.2(6.3)kg
●標準ガイドバー長:50cm

*( )内の数値はMS 500i W

 

担当者VOICE

世界初インジェクション方式チェンソーのMS 500i/MS 500i Wは、圧倒的なパワーウェイトレシオと優れた加速性能により、大径木の伐採に最適です。エンジンの始動、停止操作も非常に簡単で複雑な手順は必要ありません。冬場の作業に適したハンドルヒーティング付きのMS 500i Wもご用意しています。

 

エンジンチェンソー
株式会社やまびこ


軽量両手ハンドルチェンソー E2125S
●本体乾燥質量:2.6kg
●排気量:25.0㎤
●燃料タンク容量:0.19L
●オイルタンク容量:0.14L
●ガイドバー:スプロケットノーズバー
●バーサイズ:300mm
●ソーチェン:25AP-68E

担当者VOICE

大好評のトップハンドルソー「E2125TS」から、両手ハンドルモデルが登場! トップハンドルの良さを取り入れ、30cmのガイドバーを標準装備することでリーチが伸長しました。さらに、クラス最軽量&好バランスで使いやすさに配慮した1台です。樹木の伐採から、薪作り、椎茸ほだ木作りなど、幅広くお使いいただけます。




FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら