注目キーワード

機械・ツール

国内老舗メーカーだからできた逸品! 快適さ追求の最新保護服「アクティブギア」が登場

危険と隣り合わせの林業。そんな林業従事者に最適な保護服が国内メーカーから発売される。国内メーカーだからこそできた、入魂の一着とは。

老舗メーカー・共立&新ダイワの
最新保護服『アクティブギア』

日本の林業従事者に最適な保護服『アクティブギア』が、10月下旬、国内の老舗メーカー・共立&新ダイワの両ブランドから発売される。ユーザーから寄せられた声を丁寧に反映させるため、素材と構造を見直して完全新設計した入魂の一着だ。

目指したのは「日本の林業従事者が快適に作業できる保護服」。既存製品に劣らぬ安全性を確保しつつ、通気性、ストレッチ性を向上させ、そのうえ軽量化も果たした。その結果、これまでになく動きやすい保護服=アクティブギアが完成した。

着心地の良い保護服を着用すれば、安全性は高まり、作業効率も向上するに違いない。ぜひ、手に取って欲しい逸品の登場だ。

注目機能

1 従来品比3.5倍の涼しさ

新採用のベンチレーション生地『メッシュラスパー』により同社従来品比で約3.5倍の通気性を確保した。さらに、太ももの裏側には蒸れを抑える「ベンチレーションファスナー」も採用している。

2 姿勢変化もラクラクなストレッチ性

足の曲げ伸ばし時にストレスが掛からないよう、立体裁断&ストレッチ素材を同時に採用。姿勢変化にもノーストレスで追随してくれる。

3 重量約1kgと超軽量

通気性・ストレッチ性ともにこだわったのが軽量化。重量はズボンが約1kg、ジャケットは500g以下だから動きやすく疲れにくい。

 

Check! JIS規格適合で安心

防護パンツはJIS規格(JIS T 8125-2 2009)クラス1(チェーン速度20m/s)に適合している。快適性だけでなく、安全性も確保している。製造も日本国内工場で行っている日本製だから信頼性も高い。

メーカー担当者コメント

『Active Gear』のコンセプトは「通気性・軽量・ストレッチ性」。そして日本の急傾斜地や夏場の高温多湿など、作業環境に対応した一着を目指して開発しました。

本製品の開発にあたって現場の声を取り入れるべく、全国の現場で働く様々な年齢層の林業従事者様にモニターを依頼。寄せられた声を丁寧に反映させて作り上げました。涼しくて動きやすい『Active Gear』で日本の林業従事者を応援します!

DATA

Active Gear

ジャケット:
●M(胸囲108cm・着丈74cm)
●L(胸囲114cm・着丈76cm)
●2L(胸囲120cm・着丈78cm)
●3L(胸囲126cm・着丈80cm)

防護パンツ:
●M(ウエスト72~85cm・股下71cm)
●L(ウエスト80~92cm・股下73cm)
●2L(ウエスト88~103cm・股下76cm)
●3L(ウエスト97~108cm・股下76cm)

問い合わせ

株式会社やまびこ
TEL:0428-32-6181


写真:ダニー ダンクス(Arrow Photography)
文:川島礼二郎

FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

Sponsored by 株式会社やまびこ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2022年秋号 9/30発行!
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 新米林業家が綴る体験記、間伐編! 「どうして大事なの?」「切り捨てるワケって?」...
  4. 革新的テクノロジーで森林の課題を解決する専門家集団が新たに手がける8ツールとは?...
  5. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  9. 森林計測がここまで進んだ! スマートグラスに計測データ表示、新開発の+AR技術とは?...
  10. 《新米目線の体験記》チェンソーの○○感覚が推し? 間伐で高性能林業機械をウマく使う...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら