注目キーワード

機械・ツール

【里山ライフハック】あっという間に薪の山を作る! 世界最強!?の薪割り体験レポート

薪ストーブに憧れがあっても、ネックなのは“薪の調達”。斧を使った手作業で薪を割るのはかなりの重労働だ。そんななか、プロユースの薪割り機を体験できることになった林材ライターの赤堀楠雄氏。果たしてその実力とは? 今回は同氏の体験記をお届け。

取材先で予期せぬ出会い

薪ストーブユーザーになったのは7、8年くらい前からである。じんわりとした暖かさに身を任せ、静かにゆらめく炎を耐熱ガラス越しに眺めていると、背骨は緩むばかり。天板に載せた鍋でおでんやシチューを煮込むこともできる。

こんないい暖房器具はほかにないと思うのだが、大変なのは薪の調達である。私は長野県の山の中に住んでいて、丸太を確保するのはさほど難しくはないのだが、斧を使った手作業で薪を割るのはかなりの重労働になる。年とともに体力が衰えていく先々のことを考えて、そろそろエンジン式の薪割り機を導入しようかと思っていた、この秋のことであった。

群馬県下仁田町に居を構える機械業者のKANEKO重機を取材に行くと、見慣れない機械が置いてあり、金子社長に尋ねると外国製の薪割り機だという。


ベルトコンベアが丸太を機械に送り込む。その先には玉切用のチェーンソーが待ち構える。

これがなかなかのシロモノで、キャタピラーで自走し、丸太を送るベルトコンベアと玉切り用のチェーンソーまで付いている。金子社長がドイツのメーカーに乗り込んでタイヤをクローラーに取り換えるカスタマイズを施したのだという。


所定の長さにチェーンソーで玉切する(撮影用にカバーを開けているので安全装置が働き、刃の回転が止められている。こうした安全への配慮も各所にある)。



プロユースの機械をモニター

すごい機械だが、価格もそれなりだろうし、これは完全に業者向けだなと思っていると、金子社長が「赤堀さん、使ってみる?」と声をかけてくる。「でも丸太なんか持ってきてないし」と返事をすると、「違う違う、貸してあげるからモニターで使ってみてよ」と言うのである。


KANEKO重機で扱う上位機種は、最大粉砕能力約60トン、約70cmまでの薪を処理できる。

この時はまさか冗談だろうと思ったが、それからしばらく経ったある日、金子社長が運転する3トントラックに載せられて本当にそれが届いた。これには私や家族ばかりではなく、隣人たちもかなり驚いたらしい。しばらくの間、会う人ごとに、あのデカい機械は何に使うのかと質問された。


最大粉砕能力は余裕の50トン。ねじれた木や二股の木もわけなく薪にしてしまう。刃は2つ割り、4つ割りのどちらにも設定可能。オプションで6つ割り用の刃もある。

そんな騒ぎを山間の静かな集落にもたらしたこの機械だが、使ってみると確かに具合がいい。ベルトコンベアとチェーンソーの威力は絶大で、あっという間に薪の山ができる。いよいよあれを動かしているなと隣人たちも見物にやってきて、みな、「こいつはすごいな」と納得するのである。


あっという間に薪の山ができる。ガソリンエンジン式だが、クローラー走行も含め、すべての機構が油圧で制御されている。

個人ユーザーとしてはこれに慣れてしまうのもコワいのだが、金子さんから「そろそろ」と声がかかる前に、できるだけ多くの薪をつくってしまおうと、暇を見ては丸太集めと薪割り作業に精を出す日々が続いている。



DATA

薪割りプロセッサー


価格:350万円(フルオプション)/280万円(標準タイプ)

取材協力

KANEKO重機 代表取締役

金子 薫氏

薪割り機問い合わせ

KANEKO重機株式会社
TEL:0274-67-7832

赤堀楠雄
林材ライター。1963年生まれ、東京都出身。大学卒業後、10年余にわたる林業・木材業界新聞社勤務を経て99年よりフリーライターとしての活動を開始。現在は林業・ 木材分野の専門ライターとして全国の森や林業地に足を運ぶ。

FOREST JOURNAL vol.6(2020年冬号)より転載

Sponsored by KANEKO重機

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. 広がる苗づくりに潜む課題 樹種・需要を検討して満足度の高い森づくりを...
  4. 高齢化進む造林事業を“ビジネス”に! 苗づくりや植え方を吟味して取り組もう...
  5. 効率化が図れる下刈り機4選! メーカーこだわりの性能をチェックして
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.07|¥0
2021/3/16発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら