注目キーワード

機械・ツール

メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方

林業従事者にとって“相棒”と呼ぶべき存在がチェンソーだ。作業に適したチェンソーを使うことで、作業は効率的になる。あらゆる林業従事者を満足させるチェンソーとは、どのようなものなのだろうか。

ここに注目!
チェンソーの選び方

主流のエンジン式に加え、バッテリー式も選択肢に!

林業従事者にとって主流であるエンジン式のメリットは、種類が豊富であること。同じ排気量でも特別な機能を有したモデルや、さらにオプション機能を選ぶことができる。だから自分の作業にピッタリの一台を選びやすい。

気になるのは、近年話題に上ることも多いバッテリー式だ。「バッテリー式はライトユーザー向け」と考えられがちだが、その進化は凄まじく、今回お話を伺ったSTIHLではプロ仕様もラインナップしている。エンジン式と比較すると、振動や騒音が少ないから疲れにくいというメリットがある。
 

機能の違いに目を向けて選ぶ

林業従事者がチェンソーを選ぶ際は、機能の違いに目を向けることを提案したい。国内外の企業が様々なチェンソーを販売しているだけでなく、各社が続々と独自機能を開発することで、チェンソーの高性能・高機能化が進んでいる。ひと昔前の製品と、最新機種とでは、かなりの性能差が生じているのだ。
STIHL製品を例に挙げると、プロ向けのモデルは、パワーウェイトレシオに優れた軽量、ハイパワーで高耐久設計、作業快適性などプロの過酷な要求に応えるハイパフォーマンスのモデルとなる。

また、エンジンを完全電子制御する“M-Tronic”はあらゆる環境下で常に最高のパフォーマンスを発揮し、エンジン始動も簡単。従来品と比較してフィルター性能を長く維持できる“ロングライフエアフィルター”は、メンテナンス頻度と部品交換コストを下げる優れものだ。

さらに、世界で初めて“インジェクションシステム”を搭載したモデルも登場した。

このような機能の違いに目を向けることで、自身のニーズにマッチしたチェンソー選びができるはずだ。
 

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. 広がる苗づくりに潜む課題 樹種・需要を検討して満足度の高い森づくりを...
  4. 高齢化進む造林事業を“ビジネス”に! 苗づくりや植え方を吟味して取り組もう...
  5. 効率化が図れる下刈り機4選! メーカーこだわりの性能をチェックして
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.07|¥0
2021/3/16発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら