注目キーワード

機械・ツール

安全性と高性能を両立! メンテナンスコスト低減を実現させた油圧ショベルに新型モデルが登場

高い燃費性能と安全性を持ちながらメンテナンスコストを低減させた、日本キャタピラーの新型313&315がついに登場。Next Generationの名にふさわしい圧倒的な実力とは?

Next Generation
標準機 313


バケット容量:0.52m3/運転質量:12,700kg
定格出力:80.9kW(ネット)/エンジン:Cat C3.6
輸送時全長:7,690mm/輸送時全幅:2,490mm/輸送時高さ:2,890mm
 

Next Generation
後方小旋回機 315


バケット容量:0.52m3/運転質量:13,300kg
定格出力:80.9kW(ネット)/エンジン:Cat C3.6
輸送時全長:7,310mm/輸送時全幅:2,490mm/輸送時高さ:2,890mm
 

 

注目の3機能

①グランドレベルメンテナンス

エンジンオイルレベルゲージのチェック、尿素水補給もグランドレベルから安全に実施できる。


②オーバーフローリミットコントロール

オーバーフロー時のみアタッチメント流量を制限し、各作業装置の連動性を確保。モニタで簡単に設定できる。


③機体右側の高視認性


機体右側の形状を変えて視認性を大幅に向上した。313(写真上)は機体右側から昇降しエンジンへアクセス可能。
 

 

Next Generation
313&315 林業仕様の主な特徴


313林業仕様

・2.47t 増量カウンタウェイト
・デラックスキャブ
・10inchモニタ
・ブレード対応可能
・Nonテクノロジー
(2D-MG、Eフェンス、ペイロード、各アシスト 等は対応なし)



315林業仕様

・3.83t 増量カウンタウェイト
・デラックスキャブ
・10inchモニタ
・ブレード対応可能
・Nonテクノロジー
(2D-MG、Eフェンス、ペイロード、各アシスト 等は対応なし)

 

林業仕様機特別装備品(313/315共通)

・エアサス/ヒータ付シート
・FOGSガード(フロント&Topガード)
・テールパイプガード
・エンジン/ポンプ室すき間埋め処置
・ハンドツール用トレー
・HDボトムガード(開口付)
・スイベルガード
・HD走行モータガード
・HDトラックローラ
・KETO用配管/共用(+中圧+ドレン)
・シングル500mm/トリプル500-700mmシュー
・ブレード(2500-2700mm)
選択可能

担当者VOICE

応用環境機営業部

坪井正博さん

エンジン出力を向上させつつ燃料消費を大幅に低減させた新型油圧ショベルNext Generationシリーズに待望の0.5m3クラス林業仕様機がラインナップ!ぜひ、お近くの営業所までお問合せ下さい。
 

問い合わせ

日本キャタピラー合同会社
TEL:03-5344-5656


FOREST JOURNAL vol.5(2020年秋号)より転載

Sponsored by 日本キャタピラー合同会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  6. 山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ...
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 急傾斜地現場のあらゆる悩みに応えたい─ こだわり抜かれた“林内作業車”が登場...
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年夏号 発行!
  10. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.08|¥0
2021年6月発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら