注目キーワード

機械・ツール

道具を見直して下刈りをラクに! おすすめの最新刈払機&油圧ショベル用刈払機6選

道具を見直せば、下刈りはもっと楽になる。 効率的な作業に欠かせない最新の刈払機に加え、作業者の負担を大幅に軽減してくれる油圧ショベル用の刈払機を計6選ご紹介。

竹やぶや雑木も
パワフルに粉砕


「クサカルゴン」の魅力は、なんといってもその粉砕力だ。切れ味と耐久性に優れたハンマーナイフは、雑草だけではなく、竹やぶや雑木も楽々と処理してくれる。チルト機構を備えているので、法面や斜面での作業にも最適。草木の深く生い茂った手強い山林をものともしない、パワフルな一台だ。

DATA

クサカルゴン

KS-27

税抜価格:オープン価格、本体クラス目安:2~3t
刈幅:765mm 刈高:45mm、質量:230kg

問い合わせ

株式会社タグチ工業
info@taguchi.co.jp
 

低コストで安全!
植栽地でも大活躍


「カッターマン」の特徴は、草を根元から刈り取るディスクモア式を採用したこと。シンプルな構造のため、雑草木を粉砕処理するハンマーナイフモア式よりも、導入コストや維持管理コストが低く、飛び石率も減少。専用の苗木保護カバーを装着すれば、誤抜率も抑えられる優れものだ。

DATA

カッターマン

KM20/30/50/120

本体クラス目安:1.7-2t/3-4t/5-7t/10-14t
刈幅:730mm/830mm/830mm/1400mm、質量:100kg/160kg/170kg/540kg

問い合わせ

アースマシン株式会社
TEL:050-3456-7683



パワフルなのに疲れにくい
STIHLの軽量モデル


STIHLの「FS 26 C」は、軽量で、長時間の作業でも身体への負担を抑えられるモデルだ。人間工学に基づいて設計されたバイクハンドルを採用しているため、操作も楽々。スムーズなエンジン始動を可能にする「エルゴスタート」機構も搭載する。疲れにくく快適な一台をお探しの方におすすめ。

DATA

STIHL

FS 26 C

税抜価格:49,000円、排気量:24.1 c㎥
カッティングアタッチメント:チップソーφ255mm、質量:4.9kg

問い合わせ

株式会社スチール 
TEL:0285-51-1411
 

ワンランク上の
始動性と加速性を


新型チョーク機構「デュアルチョークキャブレタ」を搭載した、ゼノアの最新型モデル「BCZ275GW-DC」。その優れた始動性と加速性は、スピーディーな作業が求められる現場でこそ大きな力を発揮する。ゼノアの刈払機の持ち味である、パワーとタフネスも健在だ。プロユーザーも太鼓判を押したワンランク上の実力を、ぜひ体感してほしい。

DATA

ゼノア

BCZ275GW-DC

税抜価格:77,300円、排気量:25.4c㎥、チップソー:255mm、質量:5.0kg

問い合わせ

ハスクバーナ・ゼノア株式会社 
TEL:049-243-3062



小型のベースマシンにも
装着できる軽量タイプ


0.2㎥(5トン)クラスのミニシャベルに装着できる軽量さが自慢。シンプルな構造のため、バケットからの換装も楽々。刈刃の配列は、草刈り時の抵抗を軽減する「2条らせん方式」を採用し、優れた作業効率とムラのない美しい刈跡を実現した。コンパクトなボディに大きな力を秘めた一台だ。

DATA

ハンマーナイフモアー

HKM-1000PS-ST/DX

税抜価格:1,800,000円(ST仕様)1,900,000円(DX仕様)
本体クラス目安:5t、刈幅:1000mm、刈高:25mm・40mm(2段階調節式)、質量:450kg

問い合わせ

三陽機器株式会社 
TEL:0865-64-2871
 

ヨーロッパからやってきた
草刈りアタッチメント


ヨーロッパ製の草刈りアタッチメント。パワフルな回転刃が枝葉も容易に粉砕するため、地拵えでは巻き落としが不要になる。下刈り時には箱形の覆いが誤伐を防ぐため、一気に作業を行うことが可能。重量は140kgと軽く、ベースマシーンへの負担も小さい。

DATA

FLAIL-CUT

FH80

税抜価格:1,500,000円、本体クラス目安:2~8t、刈幅:800mm、質量:140kg

問い合わせ

KANEKO重機株式会社 
TEL:0274-67-7832


文:松田敦

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  2. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう
  5. 事務交渉を組合が一手に引き受け、現場は生産に注力 大量の原木を共同販売
  6. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  9. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  10. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら