注目キーワード

機械・ツール

ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ

高性能林業重機の導入は、労働災害防止対策として大きな意味を持つが、ベースマシンの選定にあたって安全装備に着目すれば、その安全性をさらに高めることが可能だ。今回は住友建機の高性能林業機械『SH135X』の安全装備についてチェックしよう。

安全装備は、
ハードな現場の命綱

高性能林業機械の導入は、労働災害を減らすための有効な一手だ。なかでも大きな効果が期待できるのはハーベスタやザウルスロボだろう。林業の現場において最もリスクが高いのはチェーンソーによる伐木作業だからだ。高性能林業機械によって作業員がチェーンソーに触れる機械を減らすことは、死亡事故の防止に直結する。
 
とはいえ、高性能林業機械も万能ではなく、事故の可能性は常につきまとう。それを未然に防ぐにはオペレーターの安全意識の向上が必須だが、乗り手に依存する対策には限界がある。
 
そこでおすすめなのが、安全装備の充実したベースマシンだ。住友建機『SH135X』はまさにそんな一台。標準的な油圧ショベルに装備される周囲監視のためのFVMモニタはもちろん、作業道の傾斜を図る水準器、倒木や枝葉から機体を守るガードパーツなど、林業に特化した安全装備を備えている。

高性能林業機械を選ぶ際には、作業効率に関わる部分に目が向きがちだが、これからはぜひ安全装備にも注目して機種を選定してほしい。それは必ず労働災害の防止へと結びつくはずだ。
 

様々な機能を搭載!

『SH135X』はとにかく安全装備が充実した一台だ。ここからは『SH135X』に搭載されている様々な装備や機能をご紹介。

   =安全装備    =転倒対策    =障害物察知
 
  ROPSキャブ  

転倒時に運転手を守る耐久性の高いキャブ


  マフラーカバー  

枝や枯葉などの侵入による発火を防ぐ


  ヘッドガード  

落下してくる枝などからキャブトップを保護


  サイドガード  

重要な機器が集中する機体の右側を守る


  水準器  

作業道の傾斜をリアルタイムで計測


  消化器  

万が一の火災を消化するために運転席に装備


  フロントガード  

林の衝突からオペレーターを保護


  FVMモニタ  

左右後方を230度俯瞰でモニタリング


  作業灯  

日当たりの悪い林分でも十分な視認性を確保


  巻取りシートベルト  

転倒や落下でオペレーターが機外に投げ出されるのを防ぐ

DATA

SH135X


バケット容量:0.5㎥
運転質量:13,900Kg
定格出力:76.4kW/2,000min
エンジンメーカー:いすゞ
輸送時全長:7,220mm
輸送時全幅:2,490mm
輸送時全高:2,790mm

問い合わせ

住友建機株式会社
TEL:03-6737-2600


文:松田敦

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

Sponsored by 住友建機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら