注目キーワード

機械・ツール

手間のかかる“あの作業”が、たった5分で完了!? 革命的な「目立て専用機」がついに日本上陸

「目立てには技術が必要だ」「目立ては時間がかかって大変」……そんな常識を覆す目立て専用機が日本に上陸。ハーベスターチェーンにも対応する『オートグラインダー』だ。

革命的目立て専用機
『オートグラインダー』

1日に数本、あるいは月に20本、30本と目立てをする販売店や森林事業体にとって、目立ては手間と時間、それにコストが掛かる作業。そんな常識を覆す目立て専用機がOREGON(オレゴン)の『オートグラインダー』だ。3年前にアメリカで発売が開始されると、あっという間に販売店や林業事業体の必需品となった。 

そのメリットは、何と言っても作業効率の高さにある。チェーンの長さにより違いはあるが、作業時間はたったの5分! しかも設定さえ正しく行えば、誰が作業しても高精度に仕上がる。目立ては熟練者が行うもの、という常識も覆した。

1~2日で設定とメンテナンス方法を覚えてしまえば、誰でも熟練者の目立てが可能。機械が自動で作業をしてくれるから、目立てをしながら別の作業も出来てしまう。 


気になる裏側は、安心の機械式!

販売価格は決して安価ではないが、20本/月の目立てを行う販売店であれば3年で元が取れ、以降は利益を出し続けてくれる。

さらに、ハーベスター用を含む最大404インチピッチまでのソーチェーンに対応と汎用性も高い。だからこそ、『オートグラインダー』は大人気商品に成長したのだ。

※3/4インチピッチは別で専用モデルあり

<製品概要>
製品名:OREGON オートグラインダー
価格:¥1,330,000
サイズ:W480×D330×H520mm(本体)、W480×D360×H1,590mm(スタンド込み)
重量:50.5kg

問い合わせ

ブラント・ジャパン株式会社
TEL:045-682-4433

問い合わせの際は、「フォレストジャーナルを見た」とお伝え下さい。


写真/松尾夏樹(大川直人写真事務所)
文/川島礼二郎

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

Sponsored by ブラント・ジャパン株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 【キャンプ場×林業】年間20万人が訪れるキャンプ場に聞く! 兼業が生み出す相乗効果
  2. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  5. 広葉樹林は林業界の新たなトレンドとなるか? 試行錯誤の続く国産広葉樹商品
  6. 伐根・下刈・苗運搬・残材集材を1台で! 造林作業の革命児「山もっとジョージ」に迫る
  7. 【兼業×林業】自伐林業・柑橘栽培・樹上伐採、3足の草鞋を履く兼業林家のリアル
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  10. 人力カウントからICT検知へ! 計測精度アップと計測時間短縮を実現したアプリとは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら