注目キーワード

機械・ツール

今スグ導入できるアプリも! 日常業務を効率化する「スマート林業ツール」5選

日本でもこれからさらに加速していく、スマート林業への動き。現時点でどのようなサービスが登場しているのか、確認しておこう。今回は、日常業務を効率化する5つのツールをピックアップ!

業務管理が楽になる!
日報・業務管理

アクティオ『フォレストモバイル』

スマートフォンやタブレットなどを活用し、日々の業務の進捗状況や作業員の日報管理などをデータで一元管理。作業員は個人のデバイスで作業時間・機械稼働時間・出荷量・進捗率など簡素化された日報を入力・送信でき、会社に戻る時間を省略できる。

森林管理サービス提案を標準化!
森林作業見積もり・施業提案

インフォファーム『SPIRIT OF FORESTER』

集約化作業提案を効率的に進める「所有者合意形成活動」アプリ。画面タッチにより伐採する木の本数の変更と金額を試算し、森林所有者が納得しやすい施業提案を行える。

簡単操作で高効率な作業!
林業機械用ICTシステム

日立建機『iLoggerバリューバッキング』

フィンランドのWaratah社製。木材市場での取引価格を入力しておくと、1本あたりの木が最大価格になるよう、最も高く取引される条件の径と長さにハーベスタを制御。採材プランを自動で算出してくれる。



住友建機『プロ・ログ』


住友建機が提供するフィンランドのKESLA社製の林業機械には、「StanForD2010(スタンフォード2010)」に準拠したコントローラー『プロ・ログ』を搭載。

“視界共有”で状況説明が正確に!
遠隔作業支援

オプティム『Remote Action』

遠隔作業支援専用スマートグラス。現場の作業員が装着することで、遠隔から現場の状況を把握し、作業の指示や支援を行うことができる。


FOREST JOURNAL vol.1(2019年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ウッドショックに負けないビジネスモデルを! 成否の鍵は「木材のサプライチェーン」...
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?...
  4. あの人はなぜ林業事業体を辞めてしまったのか─岐阜県の調査で判明した「離職者を減少させる方法」...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  8. 山から木がなくなる!? 早生樹植林の最前線を追う
  9. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える...
  10. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年夏号 発行!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.08|¥0
2021年6月発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら