注目キーワード

機械・ツール

70ccクラス最軽量! 「プロ林業者が相棒に選ぶ」人気のチェンソーはコレだ!

伐採などの作業効率を高めるために、コストパフォーマンスにすぐれたパートナーを選びたい。そこでおすすめしたいのが、世界シェアNo.1を誇るSTIHLの新型チェンソーだ。

軽いのにハイパワー!
作業負担を減らす最新モデル

エンジン式チェンソーの世界シェアNo.1ブランドであるSTIHL。ハイパワーで使いやすく、メンテナンス性にも配慮したユーザーフレンドリーな製品づくりに定評があり、世界の160を超える国・地域で支持されている。

そのSTIHLから昨年10月、新たに排気量70ccクラスで最軽量のハイパワーモデル『MS 462 C-M』が登場した!

この製品は、電子エンジンマネジメントシステム「M-Tronic テクノロジー」を標準装備。急斜面や山岳などの使用状況に合わせて、最適な燃料と空気の混合比を自動でコントロールするため、面倒なキャブレター調整が不要になる。標高や周辺環境の気温、エンジン温度、燃料グレードの変化にも自動で適応する。

同社の従来モデルから700gもの軽量化に成功し、作業者の負担を文字通り軽減。チェーンスピードは始動からわずか0.3秒で100km/hに達する優れた加速性能で、作業時間の短縮にも貢献する。抜群の操作性に加えて信頼性にも秀でており、価格面でも林業者にやさしい逸品。

木の上での枝払いや大径木の伐倒を共にしたくなる、パワフルかつスマートなパートナーだ。

※2019年7月29日現在。STIHLグループ調べ。

<製品情報>
型番:MS 462 C-M
価格:215,000円(税別)
排気量:72.2cm3
出力:4.4kW
質量(本体のみ):6.0kg
推奨ガイドバー:63cm
ソーチェン:3/8ピッチ/RS

DATA

STIHL

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら