機械・ツール

70ccクラス最軽量! 「プロ林業者が相棒に選ぶ」人気のチェンソーはコレだ!

伐採などの作業効率を高めるために、コストパフォーマンスにすぐれたパートナーを選びたい。そこでおすすめしたいのが、世界シェアNo.1を誇るSTIHLの新型チェンソーだ。

軽いのにハイパワー!
作業負担を減らす最新モデル

エンジン式チェンソーの世界シェアNo.1ブランドであるSTIHL。ハイパワーで使いやすく、メンテナンス性にも配慮したユーザーフレンドリーな製品づくりに定評があり、世界の160を超える国・地域で支持されている。

そのSTIHLから昨年10月、新たに排気量70ccクラスで最軽量のハイパワーモデル『MS 462 C-M』が登場した!

この製品は、電子エンジンマネジメントシステム「M-Tronic テクノロジー」を標準装備。急斜面や山岳などの使用状況に合わせて、最適な燃料と空気の混合比を自動でコントロールするため、面倒なキャブレター調整が不要になる。標高や周辺環境の気温、エンジン温度、燃料グレードの変化にも自動で適応する。

同社の従来モデルから700gもの軽量化に成功し、作業者の負担を文字通り軽減。チェーンスピードは始動からわずか0.3秒で100km/hに達する優れた加速性能で、作業時間の短縮にも貢献する。抜群の操作性に加えて信頼性にも秀でており、価格面でも林業者にやさしい逸品。

木の上での枝払いや大径木の伐倒を共にしたくなる、パワフルかつスマートなパートナーだ。

※2019年7月29日現在。STIHLグループ調べ。

<製品情報>
型番:MS 462 C-M
価格:215,000円(税別)
排気量:72.2cm3
出力:4.4kW
質量(本体のみ):6.0kg
推奨ガイドバー:63cm
ソーチェン:3/8ピッチ/RS

DATA

STIHL

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  9. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら