注目キーワード

政策・マーケット

林業機械に「中古」という新たな選択肢を。 機械導入を効率化する“仕掛け”とは

生産性を向上させ、経営の安定化につなげるために、必要とされる作業効率化。なかでも「中古林業機械」という新たな市場の開拓に挑むのが、岡山県津山市に本社を構える富士岡山運搬機株式会社だ。林業機械の導入をさらに効率化する、同社の取り組みにせまる。

中古林業機械市場に革命を
岡山から仕掛ける機械化の未来

林業経営を成立させるには林業機械が不可欠だ。しかし、その導入には多大なコストがかかる。レンタル費用も決して安くはない。そんな林業機械の導入に「中古」という新たな選択肢を提示するのが富士岡山運搬機株式会社だ。

「もともと弊社は林業機械の修理やレンタル、オペレーターの教育支援などを行っていたんです」と明かすのは、同社の取締役営業部長を務める本田裕二さん。

「次第にお客様から、中古の林業機械を売買したいという声が挙がってきて、2017年から本格的に中古販売事業をスタートし、おかげさまで最近では全国からお問い合わせをいただいています」。

同社が中古販売事業を実現できたのは、その技術力によるところが大きい。機械の整備などを担う建車グループのサービスリーダー谷本将利さんは「特にメーカーを問わずにメンテナンスのノウハウを蓄積してきたことが強み」と語る。


(写真左から)富士岡山運搬機株式会社 取締役営業部長 本田裕二さん、建車グループ サービスリーダー 谷本将利さん

カスタマイズ性の高さも、中古林業機械の魅力だと谷本さん。

「例えば、所有されているベースマシンと互換性のないアタッチメントであっても、弊社で購入していただければ、きちんと使用できるようにカスタマイズできます」。

施業システムにも精通しているため「予算はこれくらい。こんな現場で使いたい」と条件を示せば、最適な林業機械の選定をともに考えてくれる。アフターフォロー体制も万全だ。遠方の顧客であれば、信頼できる近隣の整備会社を紹介してくれるという。

さらに最近では委託販売事業もスタート。林業機械を販売したい事業体と、購入したい事業体とのマッチングをサポートする。

「中古林業機械を効率的に売買するプラットフォームをつくることで、林業を盛り上げていきたい」と本田さんは笑顔で語ってくれた。

信頼を集める技術力と経験で
最適な中古林業機械を提案!

高性能林業機械の性能試験に携わることもある同社。その優れた技術力があるからこそ、「中古」であっても安心して使用できる。


 
2020年は79台の中古林業機械を販売。アタッチメントからベースマシンまで国内外を問わずあらゆるメーカーの林業機械を取り扱う。

FOREST EXPO ONLINEで詳しく見る!

 

問い合わせ

富士岡山運搬機株式会社
TEL:0868-24-321
Facebook
Twitter


文:福地敦

FOREST JOURNAL vol.7(2021年春号)より転載

Sponsored by 富士岡山運搬機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  6. 山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ...
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 急傾斜地現場のあらゆる悩みに応えたい─ こだわり抜かれた“林内作業車”が登場...
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年夏号 発行!
  10. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.08|¥0
2021年6月発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら