注目キーワード

政策・マーケット

木材を十二分に活かす調理法とは? 食×木材で息の長い“需要”を生み出せるか

食に関わる木材活用法として、アメリカでブームになっているのが「ウッドプランク・グリル」という調理法。樹種を選ばず、基本的には針葉樹の板が用いられるので調達も簡単だ。食欲に木の魅力を結びつけたら、新たな需要を生み出せかもしれない。

» 前編『木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中』はコチラ!

木の板の上に食材を乗せて
炭火などでじっくり焼く!
木材を十二分に活かす調理法

「ウッドプランク・グリル」という調理法をご存じだろうか。バーベキューの一種なのだが、最近アメリカでブームになってきたものだ。日本でも、アウトドア愛好家の間で少しずつ知られて試す人が出てきた。これは木材を十二分に活かす調理法なのだ。

調理法は極めて簡単。木の板(ウッドプランク)の上に食材を乗せて、それを炭火などでじっくり焼くだけだ。木板はなんでもいいが、だいたい厚さは1センチくらい。薄すぎると焼いた際の強度が足りなくなる。大きさは乗せる食材やバーベキューコンロの幅に合わせるが、通常使われるのは長さ30センチ程度だ。

樹種も選ばないが、基本的には針葉樹の板だという。アメリカでもマツ類が多いようだ。ただサクラのような材はよい香りが付くので好まれる。日本ならスギやヒノキは調達も簡単だし、香りもよいから使い勝手がよいだろう。

この板を、水もしくはワイン、日本酒などの酒に浸しておく。果汁ジュースでもよい。できれば一晩浸して染み込ませる。そしてバーベキューが始まると、板の上に生の食材(肉や魚、そして野菜でも。ハーブ、スパイスなど味付けはお好みで)を乗せてそのまま火にかける。そして蓋をする。大きな蓋がなければ、アルミホイルを被せて覆うだけでもよい。あるいはアルミ皿を反対にして被せる方法もあるだろう。板は炎にあぶられると煙を上げるが、焦げても意外と燃え上がらない。

すると食材は蒸し焼きのようになるうえに、板の焦げた煙に包まれるので燻製効果も出る。食材は途中で引っくり返さないでもよい。それでもふっくら焼けるのだという。木の香りだけでなく含ませた酒類の香りも食材に移る。直火のグリルより焦げにくく、つきっきりにならなくてもよいのも利点だ。それに十分に火が通ったら、板に乗せたままテーブルに出せるから、皿の代わりにもなる。



食×木材で
新しい需要を生み出す

すでにウッドプランク(アメリカではグリリングプランク)は、ネット通販などで売られるようになってきた。価格は販売者によって千差万別だが、たとえば10枚セットで2,000円程度の設定が多い。木材の量からすれば利益率は非常に高い。

しかも使う場としてキャンプやバーベキューパーティなどを想定すれば、非日常的な空間だけに、あまり価格を気にしないだろう。また製造も極めて簡単だ。精密な寸法は求められないし、乾燥も必要ない。むしろ見た目をよくすることが大切だ。

ただ何分、日本では新しい調理法だから、黙って並べておけば売れるというものではない。販売方法も工夫する必要があるだろう。まず調理方法を伝え、その魅力を十分に発信する提案型の販売が求められる。キャンプ場などと提携してもよいだろう。

こうした普及の努力をすれば、今後伸びていく用途ではないだろうか。しかも基本は一回ごとの使い切りだ。毎回新たな板を購入することになる。

食欲は、人間の根源的な本能だ。ここに木の魅力を結びつけたら息の長い需要を生み出せるはずだ。新分野を定着させるには時間も手間もかかるが、五感に訴える林業として考えてみてほしい。

PROFILE

森林ジャーナリスト

田中淳夫


静岡大学農学部林学科卒業後、出版社や新聞社勤務を経て独立し、森林ジャーナリストに。森林や林業をテーマに執筆活動を行う。主な著作に『森と日本人の1500年』(平凡社新書)、『森は怪しいワンダーランド』『絶望の林業』(新泉社)、『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』(築地書館)、『獣害列島 増えすぎた日本の野生動物たち』(イースト新書)など多数。奈良県在住。

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  9. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら