注目キーワード

イノベーション

ブラジルの植林活動でも活躍! バイオミミクリーを応用した「苗木育成ソリューション」

SDGsでも世界共通の課題として挙げられている、「サステナブルな森林経営」。世界ではどのような取り組みが実施されているのだろうか。今回は、ブラジルで開発された苗木育成ソリューションを紹介する。

バイオミミクリーを応用した
苗木育成ソリューション

ブラジルで開発された「ニュークレアリオ」は、バイオミミクリー(生物模倣)を応用した多機能な苗木育成ソリューションだ。落葉落枝で土壌を保護する森林のメカニズムにならい、中心に苗木をはめ込んで周りの土壌を覆うことで、外来雑草から土壌の養分を保護し、土壌浸食を防止。雨水を内部に貯めて土壌水分を制御する機能は、雨や露から水分を集めるアナナスの貯水槽の仕組みから着想された。表面にはくぼみをつけ、ハキリアリの侵入を妨げる機能も備えている。

また、丈夫な素材でできており、苗木の成長を3年サポートした後、他の苗木にもリユースが可能だ。これまでに世界自然保護基金によるブラジルでの植林活動などで活用されている。

©Nucleário


文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.7(2021年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら