注目キーワード

林業者の取り組み

世界22ヶ国以上で8616万本以上の植樹に成功! ドイツ発の植林寄付型検索エンジン

持続可能な森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。ドイツ・ベルリンで2009年に開設された「エコージア」は世界初の植林寄付型検索エンジン。現在のアクティブユーザー数は1500万人を超え、世界各地で多くの植樹が行われている。

世界で8600万本以上を植樹
植林寄付型検索エンジン

ドイツ・ベルリンで2009年に開設された「エコージア」は、マイクロソフトの検索エンジン「ビング」をベースとする世界初の植林寄付型検索エンジン。ユーザーがエコージアで1回検索するごとに平均0.5セント(約0.6円)の広告収入を得、そのうち約5割を世界各地の植林活動に寄付する仕組み。
 
ウェブサイトやモバイルアプリで提供され、アクティブユーザー数は1500万人を超える。開設から約10年で1286万ユーロ(約15億4300万円)を寄付し、ブラジルやインドネシアの熱帯雨林、チンパンジーが生息するウガンダの森林、砂漠化が進むスペインの農地など、世界22ヶ国以上9000ヶ所で8616万本以上を植樹した。


文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載



関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る
  6. 〈受付中!〉林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は9/16まで!
  7. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら