林業者の取り組み

世界22ヶ国以上で8616万本以上の植樹に成功! ドイツ発の植林寄付型検索エンジン

持続可能な森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。ドイツ・ベルリンで2009年に開設された「エコージア」は世界初の植林寄付型検索エンジン。現在のアクティブユーザー数は1500万人を超え、世界各地で多くの植樹が行われている。

世界で8600万本以上を植樹
植林寄付型検索エンジン

ドイツ・ベルリンで2009年に開設された「エコージア」は、マイクロソフトの検索エンジン「ビング」をベースとする世界初の植林寄付型検索エンジン。ユーザーがエコージアで1回検索するごとに平均0.5セント(約0.6円)の広告収入を得、そのうち約5割を世界各地の植林活動に寄付する仕組み。
 
ウェブサイトやモバイルアプリで提供され、アクティブユーザー数は1500万人を超える。開設から約10年で1286万ユーロ(約15億4300万円)を寄付し、ブラジルやインドネシアの熱帯雨林、チンパンジーが生息するウガンダの森林、砂漠化が進むスペインの農地など、世界22ヶ国以上9000ヶ所で8616万本以上を植樹した。


文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載



関連記事

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 林業事業体でICT化が進まない理由を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜
  3. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?
  4. 〈潜入レポート〉女子の目線で林業界に情報発信を! 林業女子会で挙げられた課題とは?
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!
  7. 放置森林を地域資源に! 「西粟倉モデル」のノウハウを活かした話題のコンサルティング
  8. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら