注目キーワード

機械・ツール

メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方

林業従事者にとって“相棒”と呼ぶべき存在がチェンソーだ。作業に適したチェンソーを使うことで、作業は効率的になる。あらゆる林業従事者を満足させるチェンソーとは、どのようなものなのだろうか。

ここに注目!
チェンソーの選び方

主流のエンジン式に加え、バッテリー式も選択肢に!

林業従事者にとって主流であるエンジン式のメリットは、種類が豊富であること。同じ排気量でも特別な機能を有したモデルや、さらにオプション機能を選ぶことができる。だから自分の作業にピッタリの一台を選びやすい。

気になるのは、近年話題に上ることも多いバッテリー式だ。「バッテリー式はライトユーザー向け」と考えられがちだが、その進化は凄まじく、今回お話を伺ったSTIHLではプロ仕様もラインナップしている。エンジン式と比較すると、振動や騒音が少ないから疲れにくいというメリットがある。
 

機能の違いに目を向けて選ぶ

林業従事者がチェンソーを選ぶ際は、機能の違いに目を向けることを提案したい。国内外の企業が様々なチェンソーを販売しているだけでなく、各社が続々と独自機能を開発することで、チェンソーの高性能・高機能化が進んでいる。ひと昔前の製品と、最新機種とでは、かなりの性能差が生じているのだ。
STIHL製品を例に挙げると、プロ向けのモデルは、パワーウェイトレシオに優れた軽量、ハイパワーで高耐久設計、作業快適性などプロの過酷な要求に応えるハイパフォーマンスのモデルとなる。

また、エンジンを完全電子制御する“M-Tronic”はあらゆる環境下で常に最高のパフォーマンスを発揮し、エンジン始動も簡単。従来品と比較してフィルター性能を長く維持できる“ロングライフエアフィルター”は、メンテナンス頻度と部品交換コストを下げる優れものだ。

さらに、世界で初めて“インジェクションシステム”を搭載したモデルも登場した。

このような機能の違いに目を向けることで、自身のニーズにマッチしたチェンソー選びができるはずだ。
 

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 山を維持するための働きかたとは? 林業と副業のバランスを考える
  3. 地域材を地元の匠が仕上げる! 5つの樹種を用いた「純国産スツール」で森林の活性化へ
  4. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  6. 低コスト化を実現するキーアイテム! 運搬ドローンの省力化は笑顔も届ける!?
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 山を知る開発者だからこそ実現! 異次元の使いやすさを誇る山林管理サービス
  10. 森林の可能性が広がる予感! 親子で楽しむ「ワデュケーション」とは?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら