注目キーワード

「森林経営管理法」の検索結果

4月1日から施行された「樹木採取権制度」。国有林の伐採権を民間業者が取得できるようになった。この制度が生まれた背景と、その問題点を整理する。

樹木採取権制度がスタート、その目的と問題点は? 再造林の費用は国が負担

住友商事は西粟倉村、株式会社DATAFLUCTとともに森林所有者のための森林管理ツールの開発と実証実験を開始した。昨年施行された森林経営管理法や、昨今話題になっている温室効果ガスの削減に向けた取り組みで、SDGsの観点からも注目が集まっている。

木1本1本の管理がアプリで可能になる!? 西粟倉村で実証がスタート

「森林経営管理法」が施行され、この制度を円滑に機能させるため、令和元年に法律が新たに可決、成立した。その法律が森林事業者へ与える影響と変化はどのようなものなのか。

新たな法律は日本の森林を破壊する? 林業事業者からは懸念の声も

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機
  6. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  7. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら