注目キーワード

機械・ツール

高性能林業機械で高効率な作業を可能に! 注目のアタッチメント2選

林業機械のアタッチメントを使うことで、建機を改造することなく色々な作業に対応できる。松本システムエンジニアリング株式会社のアタッチメントをチェックしよう。

高い駆動力のローラーと
自動カッターユニットの
“ハイブリッド”アタッチメント

ハイブリッドローラーストロークハーベスター「トリケラ」は、ローラー送りで切断できない枝を検知すると、自動的にカッターユニットがストロークして枝を切断する、“ハイブリッド”なハーベスター。形状を最適化したカッター刃と高い駆動力のフィードローラーの組み合わせで、曲がり材も確実に造材する。チェンソーが動いている間は継続して潤滑油を供給するため、チェンとチェンソーバーの耐久性も向上。チェンソーのチェンテンションは自動調整で、チェン交換も工具いらずだ。

クランプアームの形状はグラップル作業を考慮した形状で、本格的なグラップル作業が可能。操作の自動化により、特別な訓練を受けなくても作業ができることも、評価を集めている。

動作ソフトウェアの最新版はメールで提供される。ユーザーがダウンロードしてトリケラにインストールすると、すぐに最新の機能を使用することができる。

DATA

MSE-TR-450A


適用機種:6~9t
最大切断直径:500mm
最大枝払材直径:350mm
最大送材直径:450mm
ストローク枝払力:5100kgf
送材力:1830kgf


MSE-TR-550B


適用機種:12~23t
最大切断直径:600mm
最大枝払材直径:400mm
最大送材直径:550mm
ストローク枝払力:5500kgf
送材力:2800kgf

高速伐倒&グラップル作業でも
専用機と遜色ない機能を発揮

ロングアーム伐倒機の「ブラキオEX」は、グラップル等のアタッチメントと同様に、建機のアーム先端に取り付けるだけでロングアーム機となり、従来機のように建機本体の改造は不要。2.5mのストロークで建機中心から最長12m先の立木を伐倒できる。

また、ロングアームは縦方向に180度回転するため、キャビン直前での作業も行える他、格納姿勢も通常の建機と変わらず、取り外すことなく車載が可能。

ロングアームの後端には平バケットが取り付けられており、地ならし等の作業が行える。ロングアーム先端に装着される伐倒アタッチメントの構造はクランプアームが「メガロ」、チェーンソーは「トリケラ」と同じであり、高速伐倒ができる上、グラップル作業においても専用機と遜色ない機能を発揮する。

DATA

MSE-BEX4512


適用機種:12~13t
最大許容荷重:2000kgf
ストローク:2500mm
アーム最大開口幅:1330mm
最小掴み直径:65mm
ソーバー長さ:680mm
最大切断直径:500mm
旋回角度:360°連続旋回
使用圧力:24.5MPa
必要流量:160~250L/min
質量:500kg(ロングアーム)/500kg(アタッチメント)

問い合わせ

松本システムエンジニアリング株式会社 
福岡県糟屋郡篠栗町和田1043番地4 福岡東鉄工団地内 
TEL:092-931-5111 
FAX:092-931-5112


FOREST JOURNAL vol.6(2020年冬号)より転載

Sponsored by 松本システムエンジニアリング株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. 広がる苗づくりに潜む課題 樹種・需要を検討して満足度の高い森づくりを...
  4. 高齢化進む造林事業を“ビジネス”に! 苗づくりや植え方を吟味して取り組もう...
  5. 効率化が図れる下刈り機4選! メーカーこだわりの性能をチェックして
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.07|¥0
2021/3/16発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら