注目キーワード

機械・ツール

小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは

イワフジ工業が4月に発売を開始する「GS-50LSJグラップルソー」。小型のベースマシンにも取り付けられるため、さまざまなシーンで幅広く使える一台となりそうだ。

狭い道や土場での活躍間違いなし

イワフジ工業は4月、「GS-50LSJグラップルソー」の販売を開始する。

適合するベースマシンは、5~5.5t(0.16~0.22)クラス。森林作業道での間伐や、道路脇での玉切り作業、敷地面積の少ないチップ工場での木材整理など、大型重機の進入できない場所での作業に重宝しそうだ。

グラップルは固定式。掴んだ木材を一定の角度で保持できるので、「木寄せ」や「木揃え」をスムーズに行える。小型のグラップルながら保持力は十分なため、丸太の端を掴んでも安定的に「はい積み」や「積み込み」ができる。山土場で使えば、玉切りから、土場の整理、トラックへの積み込みを一台で担う万能機となるだろう。

開閉、旋回、チェーンソーの電磁弁がすべてグラップル本体に内蔵されているため、ベースマシンへの架装工事が簡単なことも嬉しいポイント。

小回りの効くグラップルソーとして、小規模事業体や、農業、造園業、チップ工場などでも活躍しそうだ。




DATA

イワフジ工業株式会社


TEXT:松田敦

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 山を維持するための働きかたとは? 林業と副業のバランスを考える
  3. 地域材を地元の匠が仕上げる! 5つの樹種を用いた「純国産スツール」で森林の活性化へ
  4. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  5. 森林の可能性が広がる予感! 親子で楽しむ「ワデュケーション」とは?
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  8. 山を知る開発者だからこそ実現! 異次元の使いやすさを誇る山林管理サービス
  9. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  10. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら