注目キーワード

「森林・林業DX」の検索結果

阿武隈高地の一角に位置する宮城県最南端の丸森町。町の林業をけん引する丸森町森林組合は、スマート林業推進に向けたICT機器とアプリをフルパッケージで導入。一気に効率化したことで“革命”が起きたという。

『測量が変わりました』林業の作業効率&信頼性アップをアシストするソフトとは?

GIS=Geographic Information System。スマート林業を担うツールの一つだ。今や欠かせない存在となっているが、習得するのに向いているのはどんな人だろうか? 習得するにはどうやって勉強すればよいのか?

【はじめてのGIS②】どんな人向け? 習得するための勉強法は?

昨今、林業従事者の人材不足が深刻化していく中、スマート林業の進化も目覚しく、GISもその1つ。労働力の軽減や生産性向上のためには、今や欠かせない存在だ。本特集はそんなGISの基礎知識や魅力を知る「入門編」。

【はじめてのGIS①】スマート林業を担うツールとは? 何が便利になる?

技術革新が進むGIS(地理情報システム)による森林調査・解析技術。利用者のニーズに合わせた調査・解析技術の使い分けや行政機関での利用促進などが森林GISフォーラムで議論された。“森林GIS”の今とは?

これからの森林GISのあり方とは? 進化する技術の現状をレポート

林業機械の自動化など、効率化・省力化すべく開発が進められるスマート林業。新しい技術は喜ばしいものだが、改めて現場視点で林業の未来を想像してみよう。森林ジャーナリスト・田中淳夫が考える希望の林業とは?

スマート林業は働く人の生きがいに寄与できるか。便利さ、効率性の裏に潜むものとは?

森林情報を関係者間で共有できていない、都度メールで作業効率が悪い、帳簿も図面も形式がバラバラ、データ同士の連携ができない、といった数々の森の悩みを解決し、効率的に情報を利活用する『PCFIMaS』の実力とは?

行政・林業現場に届け、この技術。スマート林業を実現する《森林GISサービス》とは?

3次元森林計測装置『OWL』は、サービス開始から7年目を迎え、導入事例は150台を越えた。その『OWL』とAIスマートグラスを組み合わせた新サービスが1月末にリリースされる。

スマートグラス越しに森林資源データを確認!『OWL-ARナビゲーションシステム』が販売開始

森林整備に対する支援策を活用するなら。ドローン空撮画像や国土地理院データ等を取り込み3Dで見える化し、森林環境譲与税活用につなげられるシステム『ScanSurvey Z / Assist Z』をご紹介しよう。

「森林環境譲与税」活用の障壁を解消! スマート林業で森林資源の見える化&共有が容易に

林業にまつわる機械やソリューションはここでチェック! メーカーイチ押しのマシンやツール、システムなどを随時追加、更新するフォレストジャーナル編集部による独自リストを公開中!

最新マシン・ツールをいつでもチェック! 《林業機械&ソリューションLIST》

無人ヘリによる空からの『森林計測サービス』を導入した島根県雲南市。高密度・高精度のデータは、大幅な人的労力の省力化と効率化に貢献、原木の供給先も年々増加中だ。適切な森林管理を目指す雲南市の取り組みとは。

超緻密! 扱いやすく、高密度・高精度な森林データで迅速&信頼できる森林経営計画を。

1 2

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら