注目キーワード

林業者の取り組み

馬と暮らし、働く幸せを求めて──西埜さんが手応え感じた「馬搬の市場可能性」とは?

30歳で移住し馬搬家に転職、独立して3年目を迎えた西埜さん。アナログ手段「馬搬」を選んだ理由は、持続可能性だけではない。海外で出会った「馬との理想の暮らし」を追求する彼に学ぶ、馬搬の優位性とは?

 

なにか新しい林業の姿を
追い求めて

かつて、林業に欠かせない技術のひとつだった馬搬。しかし、機械化が進むのと同時に馬搬技術は衰退の一途を辿った。

一方、近年では、その優位性において、改めて再注目の兆しもある。とはいっても、馬搬を生業として暮らす人は、未だごく僅かだ。

そんな時代において、北海道厚真町に拠点を置く西埜馬搬の西埜さんは、自分のキャリアを「運が良かった」と振り返る。



岩手大学森林学部出身の西埜さんだが、卒業後は自然学校に勤めるなど、寄り道を経て、林業の世界へ。北海道の林業会社に勤め、森林整備業務に勤しみつつも、「なにか新しい林業の姿を追い求めていた」というなか、出会ったのが馬搬だったという。

「かつて自然学校の仕事でお世話になった人に、大沼地域で自然学校と観光牧場をつくるから、馬搬をやってみない? と誘われたんです。海外ではホースロギングという林業があると知り、ネットで動画を見るとすごく心惹かれて。

早速、遠野で馬搬を実践している岩間さんに会いに行ったんです。エンジン音もしない中、森の中に馬がいて、木を引っ張っている景色がすごくきれいで。それまでは当たり前のように重機で丸太を運んでいたけれど、こんな形の林業があるんだ、と」。

そして、30歳で移住して転職。職場の牧場は、森でのホーストレッキング、馬を使ったアニマルセラピーなどの触れあい体験にくわえ、馬車や馬搬、馬耕など“働く馬”を育てたいというユニークな構想を持っていた。

西埜さんは、牧場内の森林整備と管理を主な業務としながら、馬の飼育やトレーニングに携わることに。

国内外さまざまな種類の馬の飼育を経験し、昭和50年代まで馬搬を生業にしていたという師匠・(故)上村広美氏に教えを請うなど、牧場で働きながら、馬搬に関する技術や知識を着実に習得したという。

12

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 行政・林業現場に届け、この技術。スマート林業を実現する《森林GISサービス》とは?...
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 「木質バイオマスビレッジ」に行ってみると!?【前編】小さなむらの村長の想いとは...
  4. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. 小さな村の大きな挑戦!?「木質バイオマスビレッジ」とは【後編】国も選んだ先進モデル...
  7. 樹木レポートを自動生成する!? 【世界初】スウェーデン自律飛行ドローンソリューション...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【チェンソー防護ブーツ編】...
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  10. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.14|¥0
2022/12/15発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら