注目キーワード

機械・ツール

最低地上高25%アップで悪路に強い! 最新の林業専用ベースマシン、その魅力は?

コベルコ建機の13トンクラスの林業専用機に最低地上高を50センチまで高めた新型機が加わる。ハイクラスの走行性能は、悪路に悩む現場で強力な味方になってくれるはずだ。

足回りを強化
走破性アップを実現

林業専用高出力エンジンや各種アタッチメントにマッチした配管流量設計など、作業性と快適性を現場目線で追求してきたコベルコ建機

林業専用機の「K-FOREST」シリーズに新たに加わる「SK165SR」は、後方超小旋回の従来機「SK135SR」の高いパフォーマンス性能はそのままに、最低地上高を「SK135SR」比25%アップの50センチまで高めた。

これにより高い切り株でも越えやすくなったほか、ぬかるみがひどい場所での走破性も大幅に向上。ハードな現場での造材や集材に加え、作業道作設や地拵え、皆伐現場での枝条の集積といったさまざまな作業をストレスなく進められるようになった。


●林業現場にあわせて構造を強化!
●ポイントは悪路に負けない走行性!

車体周りや配管、シリンダ周辺の構造もさらにブラッシュアップ。強化型カウンタウェイトパネルは板厚を従来機より約5倍に増やし、エンジンルーム内の損傷を防ぐ設計にしたほか、抜根など強い負荷が掛かる作業での耐久性アップに向けてバケットシリンダリンクも強化した。

ロアアンダーカバーの材質も変更して耐久性を高めるなど、コベルコ建機がこだわり続けるパフォーマンスの進化が細部に渡って施されている。専用のフレームと走行モーターの搭載で走行安定性も大きく向上。直感的な操作性と快適性は、素材生産の過酷な現場で抜群の安心感を与えてくれるはずだ。

バケットシリンダリンク強化※

バケットグラップルでの伐根作業時など、負荷のかかる作業に対する耐久性を向上。

※H&P仕様を除く


両持ちアッパーローラ

従来機よりも泥などを落としやすい構造に変更し、メンテナンス性が向上。


ロアアンダーカバー強化

枝などの突き上げで機体内部の損傷を防ぐため、材質を変更。


ドーザ配管飛び出し改善

ドーザ配管の飛び出しをなくし、破損しにくい構造に変更。

DATA

SK165SR-7F
●標準バケット容量(山積):0.5㎥
●定格出力:78.6kW(ファン付き)
●旋回速度:11.0min-1
●走行速度:1速2.4km/h、2速4.7km/h
●登坂能力:70%(35度)
●最大掘削力:バケット105.4kN、アーム64kN

問い合わせ

コベルコ建機株式会社
東京本社/〒141-8626 東京都品川区北品川5-5-15


文:渕上健太

FOREST JOURNAL vol.9(2021年秋号)より転載

Sponsored by コベルコ建機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  6. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  7. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  8. 【グッドデザイン賞】広葉樹小径木の”期待の星”「森のじゅうたん」の魅力とは一体?...
  9. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  10. 下刈りの常識を変える、機械導入が加速中! 省力化・コスト削減の実証結果は?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら