注目キーワード

機械・ツール

更なるパワーと耐久性を追求! 伐木造材を加速させるハイパフォーマンスマシン

コベルコ建機が手がける林業専用機シリーズ「K-FOREST」に、13tクラスの後方超小旋回ショベル「SK135SR」が新登場。「林業のためにすべてを見直した」というその実力に迫る。

生産性も快適性も
ワンランクアップ

コベルコ建機が以前より徹底的に追求してきた高い効率と生産性。『SK135SR』は、そこからさらなる飛躍をめざした一台だ。

搭載されるのは林業専用にチューニングされた高出力エンジン。新採用された独自の油圧制御システムがもたらす、スムーズなステアリングにも注目。スイッチバックのある作業道でも、少ない切り返しでスピーディーに移動できる。配管流量も向上。ハーベスタやプロセッサーなど、アタッチメントヘッドの性能を今まで以上にパワフルに引き出してくれる。

『K-FOREST』シリーズのもうひとつの特徴である快適性も健在。インテリアや空調には、オペレーターの疲労を軽減するための工夫が随所に施されている。手袋をしたままでも操作できる10インチ大型カラーモニタが搭載されているのも、うれしい心づかいだ。

配管形状の見直しや各構造物の強化によって、耐久性も高まった。高性能林業機械をフル稼働させて、素材生産量を拡大していきたいと考える林業事業体にうってつけの、タフでハイパフォーマンスなベースマシンだ。

「SK135SR」の特徴をチェック!

強化カウンタウェイトパネル
板厚を大幅に向上


シュープレートの耐久性向上
厚みが従来比の約20%UP


ロアアンダーカバーの構造強化
枝などが侵入しにくい構造に


本体大型右前ガードの構造強化
枝などの下からの突き上げを防止


配管の破損防止構造
枝の引っかかりによる破損を防止


バケットリンクの強化
破損しやすいリンク部を補強

DATA


SK135SR-7F
運転質量:16,000kg(ドーザ付き)
定格出力(ファン付き):78.6kW
本体寸法:全長7,240×全幅2,490×全高2,810mm
※装着している先端アタッチメントはイメージです。

問い合わせ

コベルコ建機株式会社
東京本社/〒141-8626 東京都品川区北品川5-5-15


文:福地敦

FOREST JOURNAL vol.7(2021年春号)より転載

Sponsored by コベルコ建機株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら